「未在」と云う道標|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

「未在」と云う道標2016-01-26

昨夜、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組で、京都の日本料理店が取り上げられていました。

なんでも予約が半年待ちという人気のお店でした。

 

未在
      入り口の青竹は、結界を表しているそうです。京都、未在。
写真は、ネット上より頂戴しました

 

その中で、横丁の靴やがピーンときた部分がありました。

店主兼料理長さんの考え方。

「未在」という言葉が出てきました。

店名にもなっている、この言葉。

「未だ到達地点に在らざる」という意味かと思うのですが、素晴らしいですね。

ミシュランの三つ星を数年続けて受けていて、その実力は折り紙付きと云われている名店だそうです。
その店主、石原仁司さんの言葉が素晴らしかった!です。

いくつもの心に残るお話をされていましたが、その中でも

・目の前のお客さまに全精力を尽くす

・見えないところこそ手を抜かない

そして

・未だ道半ば、修行にこれで終わりはない

もう、鳥肌が立ちましたね。

同じ接客業をしている横丁の靴やにとっても、考え方は一緒なのですが、あそこまで極められて、なおそれらの言葉が素直に出てくる石原さん。

凄いし、格好いいです。

一度はお伺いして、その考え方の根本に触れてみたいと思いました。

なにかとても熱いエネルギーをいただいた45分でした。

 

コメントを残す