いつも不思議に思うこと|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

いつも不思議に思うこと2010-07-18

人の足って、ホント難しいものです。

左右の計測数値が同じって人は、先ずいないですね。

どちらかの足が大きかったり、甲が高かったり、また、その反対だったり。

その上、その人その人によって、いろいろな個体差があります。
そして、生きている人の足ですから当然、日によっても変化したりします。

言ってみれば、とても面倒なものが”人の足” なんですね。

ですから、シューフィッターとして、いくら経験積んでいようと、お客さまの足と接するときは、いつも真剣勝負なんですね。

 

それくらい、気を遣って神経をとぎすませて、計測や木型選び、そしてフィッティング、調整 と一連のワークをこなしても、人間の生足って手に負えないときが多いんです。

これならピッタリ、さぞお気持ちもいいだろう!と自信を持ってお奨めしてみても、どこか、何となくしっくりこなかったりとか。

そんなこんなを乗り越えて^^;

靴選び、靴合わせをしている身から考えると、ネット上で靴をお求めになるっていうことは、我々からすると、無謀を通り越して考えられない行為なんです。

靴って、他の商品と違って、絶対に対面販売でないと買えない!よな ・ ・

と思っています。

 

ですが、実際には多いようですね。

まあ、自己責任、というかご本人さまがそれでいいと思われていれば、こちらが何か言う筋合いのものではないですからね。

でもでも、

「靴とメガネと入れ歯は、絶対通販では買えない」

と思っている、横丁の靴やからすると、それらは不思議な光景なんですね。

 

“いつも不思議に思うこと” への2件のフィードバック

  1. ほっとはーとやまだ より:

    まさしく!
    眼鏡も通販で買う人の気がしれません。
    ですが先日こんなことがありました。
    メガネ屋に行ったら今の眼鏡の見え方に不満があるかを聞かれて
    ないといったら
    検眼なしで同じ度数ですぐに作ってくれた。と。
    これがその人にとっては非常に便利だったと満足されていました。
    多少なりとこだわりを持っている身としては
    ・・・いかんだろう・・・と思いますが
    人間の体は摩訶不思議で
    想定外でもOKな人のなんと多いことかと驚きます。
    買い物ってある意味妥協なので
    (完璧に見えるをもとめられても無理なように)
    その妥協ラインが高いか低いかの違いなのかもしれませんね。
    自分のこだわった売り方をしていると
    お客様の妥協ラインが高くなっていきます。
    だから常に学べと師匠はいわれるのでしょう。
    (たぶん)
    山田はおさださんのお店好きです。

  2. 横丁の靴や より:

    ほっとはーとやまださま、ありがとうございます。
    まさに然り。
    とても示唆に富んだお話、胸にしみます。
    そうなんですよね。
    人の身体って、こちらが想定している範囲を超えても、まったく問題なし(本当は違うと思うのだけれど)って方も多く見られます。
    妥協ライン、この考え方、とても勉強になります。
    たくさんの気づきをいただき、感謝感激!です。
    何度もコメント読み返してみました。
    やっぱり山田さんは違うなぁ!と惚れ直して(~o~)います。。

コメントを残す