おこしもの|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

おこしもの2008-03-02

明日は桃の節句、ひな祭りですね。
今日、当店のやまだが「おこしもの」を持ってきてくれました。

 

おこしもの1

 

おこしもの。
「おこしもん」とも言うみたいですが、愛知県は尾張・三河地方の独特のお菓子だそうで、桃の節句などの時にお供え物として各家庭で作るものです。
ヤマダは、お孫さんの初節句のために一生懸命作ったそうです。

練った米粉を、富士山や桃、鯛、松竹梅などの木型(木の型)にはめて形作り、それを蒸したものです。
それに食紅などで色づけをして出来上がり。
いただくときは、蒸すか焼いたりして、熱々のものに砂糖醤油などをつけて食します(横丁の靴やのところでは、きな粉をまぶしていただきました)。

素朴な懐かしい味のするものです。
昔はどの家庭でも木型があって作っていたようですが、消えつつあるようで少し寂しさを覚えると、ヤマダは言っていました。
こういう素晴らしい風習、いつまでも消えないで続いて欲しいものです。

 

そうそう、こんなものも作ってくれました。

 

おこしもの2

 

当店、おさだウイズ店のキャラをモチーフ?にした「おこしもの」。
ちょっと食べるのが、勿体ない横丁の靴やでした。
皆さまの地方では、どんな風習がありますか?
よかったら教えてくださいね。

 

“おこしもの” への6件のフィードバック

  1. かわいいですねぇ〜(*^_^*)
    お名前つけたらいかがですか?

  2. 横丁の靴や より:

    タケノウチゴーさん、こんにちは。
    ありがとうございます。
    そうですか、かわいいですか。
    うれしいなぁ。。
    名前、時期をみて募集する予定です。
    その時には、またいい名前をつけてくださいね。

  3. ほっとはーとやまだ より:

    まったく知りませんでした。
    ステキな風習ですね。
    山田さんの技が光っていますね。
    ・・・・うらやまし~い!!

  4. MIKI より:

    お邪魔します^^
    先日は「お声」の件ありがとうございました。
    あらっ かわいいおこしものですね~
    お孫さんの初節句ですか、それはそれは張り切っちゃいますね♪
    華やかで幸せな未来でありますように。
    本日、ニュースレター届きました。いつもあったかい情報ありがとうございます。
    おさださんのお客様で「いろいろなご病気と戦っておられる方が多い」と知り、
    みなさんも頑張っていらっしゃるんだなあ~と、なんとなく・・・しみじみ思いました。
    (わたしは病気ではありませんが、高い壁を乗り越えて奇跡が起きる事を信じて地道に体作りをしています)
    まだまだ風は冷たいですが、本格的な春を楽しみに、笑顔で行きましょう!p(^^)q

  5. 横丁の靴や より:

    ほっとはーとやまださん、こんにちは。
    当店ヤマダが「ババの手仕事です」と言っていました。
    今日は展示会巡りで東京へ行っていて、コメントが遅くなりました。
    ヤマダがやまださんによろしくお伝えくださいと言っておりました。
    「おこしもの」ぜひ後世に残したい風習です。
    各地にも、そして当然付知にも素晴らしい風習があると思います。
    全国にある、そんな素晴らしい風習などが伝わっていくといいですね。
    われわれ商人も、その一端を担えるといいと思っています。
    お身体、大変でしょうがもう少し頑張って下さいね。。

  6. 横丁の靴や より:

    MIKIさん、こんにちは。
    コメント、ありがとうございます。
    先日はうれしい「お声」をいただき、本当にありがとうございました。
    ニュースレター届きましたか。。
    そうなんです。いろいろなお客さまがいて、皆さまそれぞれに頑張っておられます。
    また、そんなご様子を見させていただいて、我々も多くの元気と勇気をいただいています。
    MIKIさんの言われる「奇跡」って何だろう?
    またお会いしたら、ぜひお聴きしたいなぁなんて思いながら読ませていただきました。
    辛くても楽しくても、「笑顔」で顔晴り(がんばり)たいものですね。
    これからも、いろんなお声をいただけるとうれしいです。
    末永くお付き合い下さいね。
    ありがとうございました。

コメントを残す