お伝えするって難しい|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

お伝えするって難しい2006-10-14

横丁の靴やは、「語り部」としてはあまり上手ではないようです。

少し理屈が多く、柔らかさとかウィットに富んだ語り口でないのが原因のようです。

簡単に言うと、楽しくない^^; らしい。。。

お客様には悦んで楽しんでいただかなければならないこと、重々承知なのに。

 

「履き心地」 なんて云う数字などでは表しにくいものが商品なだけに、どうしても言葉が多くなってしまいます。

お履きいただければ、判っていただけると思うのですが、そこがまたやっかいな部分。

身体(足)は楽で気持ちイイって感じてもらっていても、頭のどこかで「今の流行?」とか「みんなと一緒?」「もっと可愛く美しく!」みたいな相反する感覚が牽制するのが常。

その感情をくみ取って、上手にご説明できるといいのだが、まだまだ修行が足らないようです(この辺りの「芸」の修行が・・・)。

その場合、やまだがうまくフォローしてくれるので、とっても助かってはいますが。

 

横丁の靴やの場合、頭のネジが何本か抜けているので、そのままに素を出せばよさそうなのものですが、なかなかうまくいかない。

なんて思っていたら、今日、お客様からうれしいひと言をいただき元気になってしまった(単純ですね!!)。

「とても丁寧で親切」「きちんと良い悪いを言ってくれるお店は少ない」など。。

そのお客様のお友達がご来店されての感想だそうです。

うーん、愚直な物言いがよくとられると、このようになるのか??

 

またしばらくは、ちょっと頑固な横丁の靴やが続きそうです。

でもその一方で、悦んでいただくための「芸」も頑張って磨いていきます。

皆さま、よろしくお付き合い下さい _(._.)__(._.)_