お取引先で感心したこと|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

お取引先で感心したこと2011-03-23

昨日、仕入れで東京へ行ってきました。

この3月から始めた、小物や雑貨がおかげさまで好調。

無くなってしまったり、あれもっと欲しい!などのご要望などで、新しい”愉しくなる” 雑貨などを探しに出かけました。

日本橋からほど近いところにある、お取引さまでのこと。

大きなビルがいくつもあるところなんですが、特にメインのビル内で商品探しをしていると、エアコンは切っていてちょっと涼しい?感じ。

エレベーターは3基ある内、1基しか稼働していませんし、電灯も売り場以外のところは徹底して暗くなっています。
そうです。

今回の地震に伴う「自主的節電」ですね。

でも、仕入れに来ている小売業の人々ももちろん、そこの社員さんたちも何一つ言わず

お客さまが快適になる商品やたのしくなるような商品 をセレクトして集め、そして、それを仕入することに熱中しています。

 

ホントにちょっとしたことですが、こうしたことの積み重ねが、「復興」の大きな力になるのですね。

我慢するところと、愉しくすることの「バランス」大事ですね。

各地でお祭りや式典などが「自粛」という名のもとに、中止や縮小になるという話を聴きます。

でも、それらはぜひやってもらいたいと思うのです。

何でも「自粛」でやめてしまって、小さく閉じこもってしまっては絶対ダメだと思うのです。

愉しむ!ことは大事です。

あとはやり方。

先のような細かな心遣いで節減できるところはして、尚且つ人や経済が動くようにする こと。

今こそとても必要だと思うのですが、どんなものでしょうか?

 

No tags for this post.

コメントを残す