お客さまへの感謝とお願い|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

お客さまへの感謝とお願い2009-10-03

お客さまへ

おさだウイズ店をご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

平成4年に、このウイズ店をオープンさせていただいてから、今年で18年になります。

この間、多くのお客さまにかわいがっていただき、お陰さまで「はきよい靴を探せる店」としての

ご評価をいただけるようになりました。

また、お客さまにも本当によい方々に恵まれ、育てていただき、ここまで来られました。

本当にありがたいことで、心より御礼申し上げます。

 

ウイズ店店内

 

たいした才能もなく、お客さまの「足からの健康」なんてたいそうなことを掲げて

長い間営業を続けてこられたことに、ほんとうに感謝しています。

毎日毎日、お客さまと向き合っていることは、大変でもありますが、うれしいことです。

 

お客さまの抱えておられる

「足と靴、そして歩くこと、」への問題というか、お悩み

そんなものを、少しでも緩和することが出来、笑顔になっていただける。

そんな時は、最高の気持ちになります。

 

「来てよかった!」とか「ああっ、うれしい!」、

「また、安心して履くことが出来るね」などといった言葉をお聞きすると、

大げさに言えば自分たちの存在価値を感じることが出来ます。

 

こういうことが、「商売人冥利」といいましょうか、きびしくもある商売を続けていける原動力、エネルギーとなっています。

 

そんな、おさだウイズ店から、お願いがございます。

 

横丁の靴や 長田と山田の二人で営業しております。

云ってみれば家内商業のお店です。

我々二人、今年で57歳となりました。

こころでは若いつもりでいても、結構、身体は年齢というものを感じるようになってきました。

 

定休日は、一応毎週水曜日と月に一度連休をいただいていましたが、

結構お仕事でつぶれて、ほとんど休みなしの状態が続くことも多い状態です。

以前は、さほど苦にならなかったのですが、この頃はかなりしんどくなってきました。

 

お客さまに“履き心地のよいフットウェア”を永くご提案させていただく。

店をやめる、その時まで

しっかりと商売を続けていくためには

無理をしないことも大事  

だなぁと思うようになりました。

永く、しっかり続けることも、お客さまへの責務 ではないかと思います。

 

また、時代が変わってきている、という感じも強くあります。

安く売ることや品数の多さで勝負するお店も多いですね。

それはそれで大事なことなんですが、

 

今のお客さまは、そういうものを越えて、本当に自分に価値のあるものを

選び出されるようになってきているように思います。

 

とても感性豊かになられています。

それが、当店のような小さなお店でも必要とされ、

成り立たせていただいている理由なんだと思います。

 

それにお応えし、常にお客さまにステキないろいろ愉しいこと(商品と共に、お客さまの生活のお役に立つこと)をお伝えしていくことも大事だと思っています。

 

そのためには、

自分たちが芸を磨き続けていかねばなりませんし、そのための時間も必要です。

 

そんなことをずーっと考えていましたが、お客さまから

「このお店がなくなったら、私どこで買えばいいの??」

「週休二日制、大いに歓迎ですよ。その代わり永く続けてよね」

というお声をいただくことがとても多くなり、決断いたしました。

 

2009年(平成21年)の10月から、

毎週 火曜日と水曜日を連休

とさせていただくことにいたしました。

 

これからも、これを活かして、いろいろと情報を集め、また研鑽を積んで、お客さまのご信頼にお応えできるよう、頑張っていきたいと思います。

 

どうぞ、これからもよろしくお願い申し上げます。

 

コメントを残す