さあ、下駄の季節到来!です|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

さあ、下駄の季節到来!です2014-05-24

毎年、とってもご好評の「環(たまき)の下駄」のシーズンが、やってきましたよ~ (*^_^*)

 

環の下駄1人間工学に基づいた足裏カーブがとっても気持ちイイんです(^_^)v

 
「下駄」の持っている機能を最大限に活かしながら、普段のお洋服にも合わせやすい新しいスタイルをご提案しています。

自然の恵みと職人の手仕事が生み出す「心地よいフィット感」を肌で感じて、日々の暮らしの中で活かしていただければと思います。

 

この環の下駄の特長は

その1. 足形を使用して作られているんですよ

下駄は通常、左右の区別がなく、木地は平らに作られています。

しかし、環の下駄は靴と同じように左右の足型を使って立体的に作られているのです。

ですから、足裏に沿うようになだらかな形状のカーブがあるのですね。

それによって、足あたりがソフトで長時間履いても疲れにくいのです。

その2. 職人の手仕事

足に触れる木地は、一つ一つ丁寧に職人の手によって作られます。

職人一人で一日に作れる数は、わずか三足ほどと聞いています。

足裏に心地良くフィットする気持ち良い感覚は、職人の手仕事から生まれているんですね。

また、足運びがスムーズなローリングソール も環の特長です。

歩いているときは足の運びが楽になり、立っているときはしっかり踏ん張れる安定感があるんですよ。

このローリングソールも職人の手によって丁寧に削られています。

 

環の下駄2

 


その3. 洋服にも合わせやすいデザイン。
 これが一番のおすすめポイントかも、、、、

現代生活にも取り入れやすいデザイン(柄)を選んで環の下駄は作られています。

ですから、浴衣はもちろん、普段の洋服にも“合わせやすい”のが環の魅力なんです。

特別な日だけに履く下駄ではなくって、普段履きとして楽しめます。

当店のお客さまでも 「夏になるとこれ! メッチャ気持ちよくって、 こればかり履いているんです(^_^;)」 って言われる方々がとても多いんです。

その4. 天然木を使った木地

木地には高級家具にも使われるマホガニーという天然木を使用しています。

履き込むほど手放したくない一足になってきます。

ここ数年、とっても多くの方々にご好評いただいている「環の下駄」。

来年以降は取り扱いがなくなりますので、サンクスプライス(ここでは書けません)にてご提供しちゃいます。

すでにお持ちの方には、ぜひお買い増しをおすすめします。

初めての方は、何も言わずにまず一足お買い求めになってみてください。

その気持ちよさに納得されるはずです。

 

コメントを残す