そろそろ新入学時期|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

そろそろ新入学時期2016-02-20

履き心地のよい「通学靴」あります

 

2月から3月にかけての新入学時期に、急に動き出すものがあります。

それは、おさだウイズ店が独自に探し出してきてる学校用の靴なんですね。

まずは、こちらなんですが、

 

sf0226

 

横丁の靴やが、「あんなの靴じゃないよね」って言っている上靴に代わって履いていただいている”白の靴”です。

上質な革素材で出来ていて、2本のベルクロでしっかり足をホールドできます。

現代のお子さまの細い足に合わせて、木型(靴型)も細身。

革素材を用いて作られているインソール(フットベッド)も、もちろん取り外し可能なので、細かな調整も行えます。

下履き、上履きとしてどちらでも使えます。

価格は、15,000円+税です。

これを高いと見るか、お値打ちとみるかは人によってですが、当店では、ここ10数年隠れたロングセラーとなっています。

 

今年は、これにくわえて

 

js001スポーツなど激しい動きの多くなる上級生にはこれ

 

こんなハイカットモデルも登場。

激しい動きをするお子さま達の足をしっかり護ってくれます。

 

また、私立の中学校や高校などで、ローファーが指定されている学校があります。

以前は、「ローファなんて、靴じゃない!」って言っていた横丁の靴やですが、言っているだけではまずいです。

で、現在はこんなローファーシューズをお薦めしています。

 

myrofferちょっと他にはない、ローファーシューズの傑作です

 

ドイツとイタリアの合作の優れものです。

もちろん、本格的なフットベッドが取り外しが出来て、調整可能なことは言うに及ばず、甲のところにゴムが入っていて足をしっかり留めてくれます。

また、耐久性の高いアウトソールはローリングしていて歩行を助けてくれます。もちろん、何度も修理可能ですので、サイズが変化しなければ3年間しっかり履いて快適に学校生活をおくれます。

これで、消費税を入れて、2万円前半はお値打ちかと思っています。

 

これから、お子さまやお孫さまが新入学のご両親やおじいちゃんおばあちゃんに、ぜひお薦めしたいと思って載せてみました。

しっかり頭にインプットしておいてくださいね(*^_^*)

 

コメントを残す