ものさし|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

ものさし2014-06-12

雨の休日も、またいいものですね~。

実は、昨日はお天気も梅雨どきの様相でして、あまり出かける気にもなれませんでした。

そんな時は読書に限ります。

先月末、沖縄(竹富島)に行ったとき、そこで読んだ本(ゆんたくラウンジというところで貸してもらったのですが)が、妙に気に入りました。

で、そこでアマゾンにすぐに発注して入手した、「ひとりよがりのものさし」という坂田和實さんの本を、ず~っと眺めていました。(読むと云うより眺めていたのです)

 

坂田和實さんの本1すてきな2冊の本にゆったり癒やされました

 
東京 目白で古道具屋を営んでおられる坂田さん。

横丁の靴や、それまでまったく知らなかったのですが、島で読んだときに

なぜかず~っと手元に置いておきたい本って思ったのです。

 

坂田和實さんの本2

 
後で知ったのですが、坂田さんすごい方なんですね。

出版社からのコメントによれば、

東京・目白の裏通りで30年間ひっそりと営んでおられる

「古道具坂田」には、そのモノサシに惹かれ、染色家の芹沢介氏

随筆家の白洲正子さん、花人の川瀬敏郎氏ら、

当代の眼利きたちがやってきていた

そうなんです。

そう、「ものさし」っていうのは、”卓越した選択眼”のことで、坂田さんはそのすごい物差しの持ち主なんですね。

 

坂田和實さんの本3

 
読んでいて(眺めていて)、何とも言えぬ世界(坂田ワールド)に引き込まれていくような、そんな感じなんです。

文章、写真どちらも秀逸で、梅雨のうっとうしさを吹き飛ばしてくれました。

気分が少しブルーになりそうなときには、いや忙中閑ありのときにも、眺めかえしたい、そんな本ですね。

手に入って、ホントよかったって思っています。

自宅に引きこもりの、こうした時間も悪くないものですね(^_^)v

 

コメントを残す