やっと復活しました(*^_^*)|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

やっと復活しました(*^_^*)2012-04-04

昨日のブログでは、酔っ払いながら書き殴って、寝てしまいました (~_~;)

今朝は、10時頃に目が覚め、ボーッとしていました。

身体の節々にハリがありますが、気分はすこぶる上々(*^_^*)

やっぱり休養、っていうか睡眠は大事ですね。(何度か同じことを書いているような気もしますが・・・)

 

今日も定休日なんですが、ここのところ出来ていなかった、サイトの更新などを起きてから頑張っています~ (^^)/

もしよろしければ、おさだウイズ店の「新着情報」をご覧になってみてくださいね。。。

その中でもお伝えしたものに、「下駄」があります。

 

環1

 

靴や(それも、コンフォートシューズの専門店)なのに、なんで下駄なの~???ってご質問が飛んできそうですね。

実は、この下駄ただの下駄ではないんですよ。

高級家具の材料として有名な「マホガニー」という貴重な木材を、木の塊から手彫りで一本一本削りだし、特注柄の鼻緒をつけているのですね。

 

環2
手彫りで、足指の形状に沿うように、ていねいに形作られています。

ホント、ようもこんな面倒な作業をしたものと、ビックリを通り越し感動さえ覚えます。

 

環3
かかとの部分もスペシャリティあふれるものになっています。

歩行解析などから導かれたローリングソールになっているんですよ。

この部分が、作る上で一番時間のかかるところなんですって。

そのために一日に仕上げられる足数が減ってしまうのですが、それでもこだわって完成させたそうなんです。

こんな下駄を、浴衣だけではなくジーンズや普段の装いの中で使っていただければ、うれしいじゃないですか。。。。

 

 

いつも書いていますが、おさだウイズ店

マスターシューフィッターとバチェラーシューフィッターがいて、お越しになるお客さま方の「足にやさしい靴選び」のお手伝いをさせていただいています。

 

が、「商人」としてもう一段深く、その存在意義(ありゃま、難しいこと)を考えてみると・・・・・・・・・

お客さまの普段の生活の中で、当店のリソース(資源ですね)を活かして、何らかのお役に立てないだろうか、って考えていると、こういう愉しい商品(下駄)に出会えるんですね。

お客さまが笑顔になってくれることが、我々の目指しているものなのかなぁ、なんて思っています。

こんな愉しい下駄を探し出してくれたn.i.cの野坂さんに感謝です。

 

ところで、

人生って、いろんな出会いがありますね。

仕事のことだけで言っても、すばらしいお客さま方と、お客さまによろこんでいただける新しいものに出会えるチャンスを提供していただけるお取引先さまと、そして、いろんな業務を円滑にしていくためのスペシャリストの方々と。

たくさんの人々に囲まれて愉しい仕事が出来るんですよね。

生まれ出てきたこの世界、

こう考えていると、日々の出会いって、ホントあり得ないことの中での有り難いうれしいものに思えます。

!です。

 

コメントを残す