アンコール遺跡群を間近にして|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

アンコール遺跡群を間近にして2012-08-18

横丁の靴や、13日から夏休みをいただき、念願のアンコールワットとベトナムに行ってきました。

アンコール(「街」という意味だそうです)の遺跡群は、想像以上に素晴らしいものでした。

 

アンコールワット

 

10世紀も前に、あのような寺院を中心とした街並みが築かれていたというのは、まさに驚嘆!ものでした。

そして、一つ一つの壁のレリーフも、すべて意味のある、深いものでした。

これがすごい!!

ここだけで数日は居たいところですが、ツアーで行ったので、それは叶わないこと。

ぜひ、機会を作って今度はゆっくり巡ってみたいものです。

 

また、ベトナムは、これから栄行く振興の国ですね。

インフラ整備などの遅れなどはありますが、それを補ってあまりある多数の若い人たちの活力。

国のあちこちを縦横無尽に疾駆するバイク(スクーター)の群れ。

とにかく圧倒されます。

比べて、日本は成熟した、というか老成化された感じでしょうか。

もっともっとパワーというかバイタリティが欲しいですね。

好奇心や探究心、それにハングリー精神。

 

精神論を云うのは、「行動科学」的にはNGなんでしょうが、そういったがむしゃらさが欲しいものと痛感しました。

これは自分への戒めでもあります。

他人がどうこうではなく、自分自身がいくつになっても、そのようなものを持ち続けていたいと思ったのです。

いやぁ、なかなかに得るものの多い旅でした。

また、ボチボチ写真などもアップしていきますので、よかったら見てくださいね。

 

コメントを残す