システム改修その弐|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

システム改修その弐2013-12-04

一昨日、レジ周りの改修を行いました。

単に、これまでのレジをPOSレジにするのではなく、いろいろな業務をこなせる「システム」の創出です。

ですから、これから明日以降が本当の正念場(大げさではなく)になってくるのですが、とりあえずは最低限の準備が出来ました。

その顛末を少しだけリポートしますね(^^)/

 

先ずはその日(12月2日)朝9時に、NTT西の工事業者さんが来られました。

クラウド経由のシステムですので、ネット回線の品質と速さは大事になってきます。

そこで、これまで使っていたWiMax(ワイマックス)から「フレッツひかりの隼」に変更です。

そして、10時前に今回システム改修をお願いしている喜惣治屋の江部さんがたくさんの機械類を持ってお出でになりました。

改修前の状況です。

 

システム改修その1

これが、これまでのレジを取り去って、新しいPOSレジシステムにするとこのように。。。。

 

システム改修その2とってもすっきりしました。システム王子の江部さんとやまだの笑顔です

 

ハード類では、新しいパソコン(出たばかりのVAIOですって)と、最新式の投影型静電容量方式タッチパネルだそうです(^_^;)

それにレシートプリンターにバーコードプリンター、それとドロワーです。

それと同じデスク上には回線の終端装置と高速無線ルーターも載っていますね。そうそう、光でピッとやるバーコードリーダーも大事なんですよね。

 

システム改修その3

 
とてもすっきりしました。

棚下のスパゲッティからまり状態の線類は、ボックスに入れてきれいにします。

それと、クレジットカードのCAT端末もおそらく年内には、電話回線のものからインターネット経由の新型端末に替わる予定です。もっとすっきりしますね。

日常のレジ打ちなどの業務はたぶん、おそらく??問題なくできる、と思うのですが、、、、

 

システム改修その4とっても頼りになる「王子」こと江部さんの独壇場です

 

一番懸案になっている商品発注時のデータインから在庫状況の把握、そして、お客さまがお気にいっていただいてお買い求めいただいた時の「動作」がキモ中のきもです。

現在、KIZUNAシステム(会員システム、メール、データベース)をクラウド上で構築しています。

それと実際の現場でのお買い上げ商品のデータプラス(お客さま別にデータベース化、KIZUNAポイントも)と在庫商品の減算処理などをリンクしていく。

その「流れ」こそが、今回の「システム改修」の本丸 です。

それらが、結構大変なのです。

 

まあ、これは明日から時間をかけて、細かな作業を積み上げていくしかないのです。

たぶん、トライ&エラーの連続になっていくと思いますが、愉しんで取り組んでいきたいと思います。

 

コメントを残す