シンクロ|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

シンクロ2006-10-21

一昨日の話。

ご来店いただいたお客様(お得意様)とお話をしていたら、その日の朝、当ブログを読まれてお越しいただいたことがわかりました。

10月17日の「秋の夜に」という記事のなかで、さだまさしさんの「風に立つライオン」のことを書いたのですが、そのお客様もさださんの大ファンでこの曲も大好きとのこと。

「風に立つライオン」は「秋桜」や「関白宣言」「案山子」などの大ヒットした曲と違い、ちょっとマイナーな曲。アフリカで命を救うという志に燃えて働く若い男性医師の生き様を唄った曲。

私はとても好きな曲なのですが、ブログ上でのコメントはあまりありませんでした。

 

そのお客様は、パーキンソン病に罹りお身体はちょっとご不自由をされています。

でも、とても行動的でいろいろなことにトライされています。

昔からさださんの大ファンであったそうですが、世間的にはちょっと暗めの旋律(トークはユーモラスで落語家並みですが)と思われ、あまりその事はご自分からはお話になられなかったそうです。

それが、横丁の靴やのブログを読まれて、うれしくなってわざわざご来店いただいたのです。
うれしいですね。

私の雑文を読まれて、うれしくなられたことが、私もとてもとてもうれしかった!のです。
しかも、その後、私とヤマダとの会話から「生きるヒント、元気をいただいた気がします」とのお声までお寄せいただきました。

こちらこそ、大変なご病気に罹られていても、明るく前向きなお姿に、元気と勇気と力をいただいているのです。

 

この頃、何故かいろいろな気付きがあります。

そして、そのちょっとした気付きに感謝していると、また新たな出会いがあり、何かうれしい循環の中にいるような気がします。

お客様からも、いろいろなお話を聞かせていただき、生きていく上でとても大事なことなどを教えてもらっています。

何か、天上の大きな力とシンクロしているような(決して怪しいお話しではありません)「気」を感じる今日この頃です。

さあ、今日も一日頑張ろう!!