スマートメーターがやってきた|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

スマートメーターがやってきた2016-02-04

昨日、横丁の靴やの自宅に「スマートメーター」がつきました。

電気料金見直しで基本契約アンペアを変更したら、ブレーカーとスマートメーターのセットで交換になりました。

 

smaetm01      旧来の電力量計を取り外してスマートメーターに交換

ご存じの方も多いと思いますが、デジタル版の次世代型電力量計が、このスマートメーターです。

国の「エネルギー基本計画」に基づいて、各電力会社が導入を急いでいます。

通信制御機能を中に持っていて、各地域のピークシフトにも対応出来、また各家庭においては基本契約アンペアの変更なども工事なしでOKになります。

 

smartm04       この空いているところに無線通信機が入ります

それと、基本契約電力量を超えたときにもブレーカーではなく、このスマートメーター側でストップをかけられ、復旧も自動的に行われます。

この4月からはじまる電力自由化に対応する際には、旧の電力計から交換されるようですが、一足早く交換設置されました。

横丁の靴やのところでは、他社に乗り換える訳ではありませんが、最新型のスマートメーターがつくことによるメリットもいくつかあり、この時点で交換していただいて良かったです。

 

smartm02      寒い中、交換作業ありがとうございました!

但し、検針員さんのお仕事をなくしてしまうことになり、なにか申し訳ないような気もしました。

これから、いろんな変化が世の中のお仕事の仕組みを変える(無くなる職種や仕事が増える)と言われていますが、まさにそれを垣間見たような感じで複雑な気持ちにもなりました。

情報通信の飛躍的進化によって、このスマートメーターのようになくなっていくお仕事が増えるのでしょうね。

 

その無くなる職種の第一番が、「小売店販売員」だったと記憶しています。あと、税理士さんも二番目だったかな。。。。

当快足楽歩カンパニーおさだウイズ店は、そんな変化の時代にあっても、お客さまとのつながり、きずな、関係性を増して(お客さまに寄り添って)、なくてはならない店として存在し続けることが出来るようにがんばっていきたいと思っています。

これからも、 履き心地と快適な足からの暮らしをお伝えして、お客さまとともに歩んでいきたいです。

 

コメントを残す