バッサリ。|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

バッサリ。2008-08-04

20数年ぶりくらいに、髪をザバっと切りました。
あまりの暑さに、頭がとろけそう!ということで、思い切ってうんと短くしました。

ウチのカミさんは、”松山千春”風がいい→ぼうず頭=丸刈りがいいと主張し、
横丁の靴やは、「いやあ、そこまでは・・・角刈りがいいんではない?」かと、けんけんごうごう。そんな大したことではないんですが。。

 

で、行きつけの床屋さんに。
マスターに、「もう頭が熱くって。スッキリしたい」「思い切って、ばっさりやっちゃって!!」と。
マスター、ちょっと思案したあと、
「角刈りも、丸刈りも、すごく雰囲気が変わっちゃうよ。やっぱり、お客さま商売だから、おさださんの店じゃちょっとまずいよ」と言われ、上は残してすそとか横を刈り上げたら」とのご提案をいただきました。

信頼している専門家の言うことです。
お任せしました。
刈り上げなんて簡単なようですが、「技術の差」がもろに出るそうです。ていねいに、しっかりと刈って調髪してくれました。

 

「おおっ。。」です。
頭は、ホント軽く涼しくなりました。
で、感じは全くの別人にはなっていません。ちょっと若々しくなったみたいで少し恥ずかしいくらいの感じ。
やっぱり、プロは違うなあ、と満足しています。
マスター、ありがとうネ。

No tags for this post.

“バッサリ。” への4件のフィードバック

  1. ほっとはーとやまだ より:

    あら(*^_^*)
    若くすっきりと変身したマスターを見てみたいです。
    プロにまかせると安心ですね~。
    本当に異常なほど暑いですよね。
    ヤマダさんともども、ばてないようにお気をつけくださいね。

  2. さすが床屋さん、冷静な判断ですな!
    お任せと言われても、その人の仕事や立場などを考えておかないと後から大変なことになる場合もありますからねぇ。
    変身後の写真を見たいですなぁ~^^

  3. 横丁の靴や より:

    やまださん、こんにちは。
    やはり付知も暑いですか?
    なんて、お訊きしている状態じゃないですよね。
    地球が壊れてきているんでしょうか。
    「異常」という言葉がピッタリくる暑さです。
    先ほど帰ってきて、事務室に足を踏み入れたら、ナントまだ37度ありました。
    変身の方は、そこそこです。
    中身が老けてきているもので^^;、外見は多少若くなりましたが・・・です。
    やはり、経験を積んだプロの方は違うということを痛感しました。
    まだまだこの暑さ続くそうです。
    やまださんもくれぐれもご自愛ください。
    クマガイさんも無理しないようにしてくださいね。
    ありがとうございました。

  4. 横丁の靴や より:

    てっちゃん!さん、こんにちは。
    いつもありがとうございます。
    プロの方の判断は、さすがですね。
    へろへろになって、「バッサリやって!」と言っても、冷静に判断して、それとなくよりベターな方向を示してうまく落とし込んでくれる。
    てっちゃん!さんのところは、それこそ毎日、横丁の靴やなんかよりも繊細な女性の方々を楽しくさせているのですから、スゴイものです。
    切り過ぎちゃうと、それこそ大事になってしまうでしょうから、大変なお仕事だと思います。
    基本中の基本なんでしょうが、難しいことですね。
    変身願望も微妙なバランス感覚を崩してしまうと、ネ。
    これからもいろいろ教えてくださいませ。

コメントを残す