ラジオ番組で感じたこと|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

ラジオ番組で感じたこと2014-05-16

今日は半田市の病院まで、変形性膝関節症のリハビリで出かけて来ました(毎週一度くらいのペースです)。

その行き帰りに、車で聴くラジオ。ちょうど、NHKの「すっぴん!」を放送していました。

今日の担当は、高橋源一郎さん。

好きですね~、ゲンちゃんの語り口。

その源一郎さんの本日のゲストは、あの矢口史靖監督。

先日、最新作「Wood Job 神去なあなあ日常」が劇場にかかったばかり。

横丁の靴やも、13日の火曜日に観てきました。

 

woodjob

 

その最新作の制作エピソードや映画への考え方などを語られていましたが、その「こだわり」やっぱりイイ!なあと思いました。

スタントは使わず、あの30メートルを超える大木の上に、役者さん(伊藤英明さんや染谷将太くん)を実際に登らせたり、ラストシーンでも奇祭のための大がかりな仕掛けを実際に作るなど、観るお客さまを最後まで愉しませるエンタテインメントごころ。

お聴きしていて、ホント勉強になります。

一流の人の考えていることは、やはりすばらしいものだと実感いたしました。

「Wood Job 神去なあなあ日常」

よい映画だと思います。笑えてほろっときて、考えさせられて。。。

よかったら、映画館に足を運んでみてください。

 

コメントを残す