久々映画の話|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

久々映画の話2015-07-29

昨日は、朝から税理士事務所の担当Mさんと打合せ。

もうすぐ始まる「マイナンバー」制度にいろんな危機感を持ちました。

本当に大丈夫??なんか、と。

これから、身を入れて勉強しなくっちゃ。。

で、昼から時間も空いていたので映画を見に行こう!って。

横丁の靴やが参加している勉強会の仲間からお勧めのあった「バケモノの子」を観に行きました。

今年、18本か19本目の映画(劇場で観る)です。

 

映画「バケモノの子」映画.comより

 

なかなかに深い映画でしたね。

渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という二つの世界を交錯させながら、バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆や友情を描いたものですが、面白かった!

設定が、まず面白いですよね。

バケモノって、人間より高級な種族(?)って位置づけなんですが、やってることは人間と同じような。

ただ、「こころの中に深い闇」を持っていないことが一番の違いかな。

嫉妬、怒り、そういったネガティブなエネルギーを持たなくて、口は悪いがやさしく親切。

人間の性善説を逆説的に説いているようにも思えました。

ちょっと違うかも知れないですが、前に観た「チャッピー」と、なにかつながるような「世界観」みたいなものを感じました。

この細田守監督の作品は、まだ観ていなかった気がしますがイイですね。これからがまた愉しみになってきました(*^_^*)

 

コメントを残す