何を縁(よすが)とするのか?|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

何を縁(よすが)とするのか?2010-06-25

一昨日、「ザ・ウォーカー」という映画を観てきました。

原題は「イーライの本」と云います。

近未来の話(年代は不明)、大きな戦争の後、廃墟と化した世界で、一冊だけ残った「本」を西へ西へと運ぶ一人の男。これが、イーライなんですが。

その本を探していた、独裁者をめざす男との闘い。

これだけのキーワードで何の本かわかりますよね。

そうです、「聖書」。バイブルです。

西欧的な思想というか、「神」の啓示というものは映画の題材になりやすいのでしょうね。

 

横丁の靴や的には、「」ってコトの重要性を再認識させてくれるものでした。

詳しく書こうとすると、映画のネタバレになってしまいそうなのでやめますが、何もなくなってしまった、混沌とした時代(これは現代に近いものを含んでいる)に、光明(たいまつ)を探すようなそんな感覚をもちました。

どうも、自分を含め、多くの人はこれがあれば安泰みたいなもの、つまりバイブルに頼ろうとする嫌いがありますが、そうではなく、その中身、というか思念(考えること)こそがとても重要である、と教えてくれたよう。

 

これをすれば、もう大丈夫、映画で云えば「本」を手に入れさえすれば、その中の言葉をつぶやくだけで人を束ねることが出来るみたいな、そのような安易な思考を駆逐するラストの15分。

自分にとっては、イーライの信仰のように日々の積み重ねが最後には「奇跡」を起こす。そのようなことを強く感じさせられました。

大変深い映画でした。

「アリス・イン・ワンダーランド」と云い、この「イーライの本」と云い、このところ思索的な映画が多くなったようで、とてもうれしいと思っている、横丁の靴やでした。

 

コメントを残す