備忘録 「これからの商い」|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

備忘録 「これからの商い」2012-11-11

小売業って読んで文字のごとく、小さく(細かく)売っていくことだと思います。

お客さまお一人お一人に寄り添って、その方の日々の暮らしの中で、小さな幸せを感じていただける「なにか」を提供し、その代価としておひねり(紙幣や硬貨)をいただく。

そんなものじゃないかと思います。

たくさん仕入れて仕入れ原価を低減し、他店よりも安く売って、量を稼いで利益を出す。

それも商売の一つの形態ではあると思いますが、それはモノがなかった頃の「生産と分配」の経済の手法じゃなかったのかなぁ、なんて思います。

時代と共に、生産技術や物流も進化し、お客さまの感じ方も違ってきているように思います。

 

モノの豊かさはそろそろ卒業し、暮らしの中でキラッと光る、

自分だけの愛でていると使っているとうれしくなる、たのしくなる

そんな、心の豊かさを感じられる「なにか」を、お客さま方にていねいにお伝えしていく。

それがこれからの「商い」の在り方、なんだろうかって思っています。

 

そんなことをこの頃強く感じるようになってきました。

そんな道をこれからも少しずつ進んでいけたらな、って思います。

雨の日曜日。

お客さまの途切れた時間に、ふと書いて残しておきたいと、アップしてみました。

 

コメントを残す