初コストコ|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

初コストコ2014-11-26

昨日、初めてコストコへ行ってきました。

場所は、中部空港(セントレア)が目の前に見える常滑市の「りんくう」地区。

以前、アメリカ研修ツアーでも行くことが出来なくって、ちょっと残念な思いをしていた店舗(会社)です。

昨年の8月頃にオープンしたと思うのですが、なかなか出かけられずにいました。

先日、私の商いと人生の師匠である小阪裕司先生から、コストコのシアトル本社へ行ってきた時の話をお伺いし、関心が高まっていました。

会員であるウチの青木さんが買い出しに出かけると云うことで、同伴させてもらいました。

想像していたのと違ってビックリ。

店内入ってすぐにノートパソコンやカメラなどがあって、あれれ(^_^;)と思いました。

 

コストコ1確かに倉庫型店舗ではあるのですが、、、、

 

食品と生活雑貨のホールセール型倉庫と思っていたのですが、内容はかなり違っていました。

いやぁ、結構面白いものがいろいろあります。

ホームセンターとはまた違った意味での「遊び場所」みたいなところです。

 

コストコ2各コーナーエンドで試食を行っています

 

食品売場では各コーナーごとにいろいろなものの試食を行っていて、それを食べているだけでお腹が一杯になりそうです。

結構美味しくって、あまり買うつもりのなかった横丁の靴やも、いくつかカートに放り込んでいました。

 

コストコ3クォーターバウンドホットドッグ、飲み物飲み放題で180円

 

フードコートでは、でっかいホットドッグが飲み物飲み放題でナント180円。

これにはビックリです。

その近辺に留めてあるカートには食品や雑貨が満載になっています。

駐車場では他県ナンバーの車をかなり見ましたし、朝オープン前に行ったのですが、もうかなりの車が止まっていました。

 

なぜこんなに人気なのかを考えてみました。

安い・・・まあ、確かにホールセールで単位も大きく購入するので、お値打ちな感じはしますね。

でも、それだけではない「なにか」を感じました。

それは、先ほどの試食や声かけなども効果があるのでしょうが、それよりも絞った商品セレクトにある気がしました。

小阪先生に伺っていた「バイヤーの取り扱商品の範囲が狭く、それだけに、こだわって商品買い付けに世界中を駆け回っている」ことを実感しました。

倉庫型とはいえ、そんなに超巨大な施設ではありません。

吟味して「これだ!」と思ったものを集中して取り扱っているのでしょうね。

「どれがいいですか?」ではなく「コストコのお勧めはコレ」みたいな。。。

そんな感じを持ちました。

結構、各商品レベルは高いですね。

欲しくなってしまうものがいくつかありました。

う~ん、コストコ恐るべしですね。

商いの一番原点である「仕入」に注力しているのがポイントかと思った次第です。

大事なことですね。

 

コストコ4大型のビリヤードや天体望遠鏡なども置いてありました

 

それと、「多分そんなに売れないだろうな?」って思われる、大型のビリヤードや天体望遠鏡などが置いてあることも、ある意味「買い物のテーマパーク」的な要素がリピーターをつくっているのではないかと思います。

前回来たときにあったものがなくなっていて、新しい季節ものが増えていたと青木は言っていました。

この辺りも「定番商品の補充」ではなく、売り切り型で常に「新しい発見」を模索していることが分かります。

買うひとが”ワクワクする”ものを提案しようとしている姿勢が観てとれます。

商いのスタイルも規模も全く違うのですが、いろいろ勉強になるものがありました。

 

コメントを残す