古都の秋の一日|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

古都の秋の一日2014-10-28

今朝は早く目が覚めたので、思い切って京都へ行ってきました。

紅葉にはまだ早い時期ですが、出かけたのは二つのワクワクに出会うため。。

先ずは、以前に友人から紹介されて読んだ本

 

京都の本屋さん1堀部店長さんのお写真もとらせていただきましたがやめときます

 

「街を変える小さな店」の著者、堀部篤史さんが店長をされている、恵文社一乗寺店という本屋さんを拝見してみたかったからです。

私どもがとても共感できる「商いの姿勢」をされていて、多くの刺激と気付きをいただきました。

そんなお店を一度はお伺いして、自分の目で確かめてみたい、という欲求からの見学です。

 

京都の本屋さん2恵文社一乗寺店さん前の様子

 

アポも取らずに、まことに図々しくお邪魔してしまいました。

ちょうど店長の堀部さんがいらして、いろいろお話をお聴きすることが出来ました。

(堀部さん、お忙しいときにすみませんでしたm(_ _)m)

本に書いているとおりのワンダフルなお店でした。

堀部さんもとっても物静かで知的な感じ。横丁の靴やとは反対のような素晴らしい方でした。

素敵な本も何冊かみつけてゲット!してしまいました。

とっても充実した時間を過ごせました。

 

もう一つは、この恵文社一乗寺店さんにお邪魔する前に寄った京都国立博物館

ここで、修理完成記念の特別展として開かれている、「国宝 鳥獣戯画と高山寺」展を見たかったのです。

鳥獣戯画展1京都国立博物館「鳥獣戯画展」

 

朝一で出かけたので、

鳥獣戯画展2

 

これくらいで済みましたが、一時は2~3時間待ちとか言われていて、ちょっとこわごわ出かけたのですが、そんなにすごい混みようではなく、じっくり観ることができ、とってもラッキーでした。

そんなこんなで、すてきな秋の一日を愉しんできました。

 

コメントを残す