台北2 故宮博物院|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

台北2 故宮博物院2007-08-24

今回、夏休みを利用して台北に出かけたのですが、その目的の一つに「故宮博物院」がありました。

以前から訪ねてみたかったのですが、ここ数年改装をしていて、一部しか見られないということで諦めていました。

今年の2月に全館リニューアルしたことを知り、機会を待っていたのですが、それから半年ほどで行けるようになりました。

うれしいですね。

故宮博物院

 

実際に訪れて、ゆっくりと展示物を見て回っていると悠久のロマンを感じます。
中華民族何千年の素晴らしい宝物などを見ていると、ホントうれしくなります。

 

ここ台北の故宮博物院に来るまでの御物の流転の歴史を思うと、人間(自分)が滑った転んだなんて云っていること自体が小さく感じられます。おかしなものですね。

ところで、こんな時、一人旅っていうのはイイですね。
日本からを始め結構ツアーでの見学の方が多かったのですが、おおよそ一時間半くらいだそうです。
これでは存分に楽しめません。

 

横丁の靴やは、開館前に到着してから閉館前の夕方まで観ていました。
特に、一番の目玉である「翡翠白菜」なんぞは4回も観てしまいました。
出たときには、相当に疲れていました。
でも、心地よい疲れ。

 

その夜は、貧乏旅行なのにちょっと贅沢をして、フカヒレやアワビなども賞味し、夏休みを満喫しました。(この日だけですよ。あとは屋台飯などお値打ちコースです ^^;)。

つづく ・ ・ ・

“台北2 故宮博物院” への2件のフィードバック

  1. 一人旅だったんですか!
    自分のペースで楽しめるから良いですよね。
    ちょっと寂しい時もあるけれど(笑)

  2. 横丁の靴や より:

    てっちゃん!さん、こんばんは。
    そうなんです。
    一人旅は気ままですが、ちょっと不便なときもあります。
    それと食事の時などは、一人より二人三人の方がより美味しくいただけますよね。。

コメントを残す