台北3 トンボって|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

台北3 トンボって2007-08-25

横丁の靴やは知りませんでした。
トンボってかなりの高さまで飛べるものなんですね。

実は、台北でぜひ行きたかったところに「台北101」という超高層ビルがあります。
高さ508mで、現在のところ世界で最も高いビル(来年あたりにドバイに建設中のビルに抜かれるそうですが)。

 

台北101-2

ナントカと煙は高いところに上がりたがる ・ ・ ・と云われるように、横丁の靴やもこのビルに上ってみたかったのです。

時速60㎞の超高速エレベーターで、あっという間に摩天楼に到着です。

 

台北101

 

真ん中の台北市役所ビルやその他の高層ビル群が遙か下に見えます。

ところが、なんと!
この展望台のまわりをトンボが群になって飛んでいるではありませんか。。
「ええっ、とんぼってこんな高いところまで飛んでこれるの??」ってビックリしてしまいました。いろいろと調べてみましたが、はっきりした答えは見つかりませんでした。
どなたかご存じないでしょうか?
「一体トンボってどの位の高さまで飛べるのでしょうか??」
よろしかったら、教えてくださいませ m(_ _)m

 

この台北101の他に、もう一箇所。
台北市の北に位置する「新北投温泉」。ここにも足を伸ばすことが出来ました。

秋田県の玉川温泉と同じ「北投石」で有名な温泉です(というか、こちらが本家本物ですね)。日本統治時代に温泉好きの日本人が開発したというところです。

残念ながら、北投石があるという「北投温泉博物館」は閉まっていましたが、きっちりお湯には浸かってきました。
イイお湯でした !(^^)!
温泉では、昔日本にいたことがあるというご年配の方とお話もでき、すっかり和んでしまいました。

 

今回の旅では、いろんな方と出会いました。
行きの飛行機の中では、お仕事で向かわれる部品会社の役員さんと「日本」についてのいろいろな話をしたりお聞きしたり。
先の北投温泉の方もいろんなお話しをしてくれました。

 

旅って非日常的時空間に遊べて、しかもいろいろな何かを得ることの出来る場でもあります。
時間もお金もあまりない横丁の靴やですが、またしっかり働いて何とか時間を作り旅に出たい、と思いながら帰ってきました。

 

さあ、秋物商品も徐々に入ってきて、今からが頑張り時です。
一生懸命お客さまのお役に立てるように働かせていただいて、そしてまた何処かに(当面は年内にタンザニア、が目標ですが)行きたいです。

他愛のない旅日記、お読みいただきありがとうございました。

“台北3 トンボって” への4件のフィードバック

  1. 出会いは旅の醍醐味ですよね!
    私も見習って大人の一人旅が出来るようにガンバろっと!

  2. 横丁の靴や より:

    そんな大したものじゃありません。
    適当に、旅に出たくなったら、ふらっと行くのが良いんじゃないんでしょうか。
    構えずに、気楽に、愉快に、旅を楽しみたいものですね。

  3. ほっとはーとやまだ より:

    こんにちは。
    トンボは・・・建物にそってならかなり高いところまで登りますよ。
    涼しいところが好きなので
    夏は高い山の上ですごし
    秋になると集団で水辺におります。
    そのときにはペアになっておりるんですよ。
    (たまにシングルあり・・・・・)
    でも、まだまだ謎のおおい生物ですね。

  4. 横丁の靴や より:

    やまださん、こんにちは。
    わーい、お答えありがとうございます。
    そうなんですか!!
    高い山の上で過ごすくらいなら、400メートルほどのところなら訳ないことですね。
    スゴイもんです!
    トンボって不思議な生き物ですね。
    また、そんなことまで知ってらっしゃる やまださんに脱帽と共に感謝!感謝!です。
    ありがとうございました。

コメントを残す