名画に見る靴|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

名画に見る靴2016-01-12

海外の美術館などに行きますと、横丁の靴やはご婦人方の足元を見つめています。

職業病でしょうか(^_^;)

 

oldshoes女帝の履いていた靴(右側の靴)

 

こちらは、ロシアの美術館に飾られていたエカテリーナ2世の履いていた靴(だったと思います、もし違っていたらゴメンなさい)です。右側の靴です。

結構、甲が深めでしっかり足に添っていて、ヒールも安定した形状で、履き心地の良さが目に見えます。

 

翻って1700年代の我が国では、人々はどんな「履物」を履いていたのでしょうか。

やはり、靴に関してはヨーロッパ靴に敵わないなぁと思うのは、こういった歴史的なものや文化が違うからです。

日本の靴も進化はしてきましたが、そう云う土壌の違いは出てくるんだなぁと思います。

まあ、生活習慣が違っていたのですから無理もないとは思うのですが、まだまだなかなか追いつけないのかなぁって感じを持ちます。

 

日本でも、靴に関する考え方とらえ方がもう少し違ってくると、よい靴がもっと出てくるようになると思います。

今日はちょっと感じていたことを書いてみました。

 

コメントを残す