四国経由姫路行きその2|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

四国経由姫路行きその22013-12-01

いよいよ12月になってしまいました。早いものです。

今年は一年間トップギアで走ってきたような感じがしています。

あと少し頑張って、新しいすてきな年を迎えたいものです。

 

さて、昨日の続きです。

最初に訪問させていただいた「レディス かわにし」さんは、香川県綾歌郡綾川町にあります。

綾川町は2006年に二つの町が合併をして生まれた町で、人口は約2万5千人。

讃岐うどん発祥の地として知られる町です。

鳴門から高松自動車道を経て、綾川町に入ってくるとすぐに巨大なショッピングセンターが見えてきます。イオンモール綾川です。

香川県、いや四国内でも最大級のイオンの超巨大SCが、この人口2,5万人の綾川町の入り口にあるのです。

「ワクワク系マーケティング実践会」を主催している小阪裕司先生が書かれた最新著書『「お店」は変えずに「悦び」を変えろ!』という本の中に、「イオンに殺される!」というショッキングな項目名のページがあります。

実際は、そんなことはないんだよと云うことを語っておられるのですが。。。。。

その超巨大イオンモールが目と鼻の先に出来てから後、これまでで最高の化粧品売り上げ(メイン商品)を達成したのが訪問させていただいた「レディス かわにし」さんなのです。

先にご紹介しました本の冒頭でも、川西さんのお店のご健闘ぶりが紹介されています。

ご興味のございます方、特に商業関係の方々にはぜひご一読をお薦めする本です。。。。

 

で、その川西さんのお店「レディス かわにし」ですが、旧の金比羅(こんぴら)街道にあります。

ちょっと静かな道路沿いに建っているお店は、一見するとどこにでもあるような地方の化粧品店さんです。なかに入ってみると、やっぱり普通の地方の化粧品店さんです。

でもでも、訪れたときお客さまがすでにお二人ほどいて、横丁の靴やが入ってすぐに、「柿が採れたから飾って~」とお客さまが美味しそうな柿を持って入ってこられました。

店内には、ふわ~っと温かい空気が流れているのがわかります。

そう、ここは化粧品店というショップではなく、お客さま方が集うサロンのような「場」なのですね。

当おさだウイズ店もそうですが、ワクワク系マーケティング実践会のお仲間の店には、このようなところが多いのです。

 

モノを売ると云うよりも、お客さま方に寄り添って、自分たちの積み重ねてきた技術や知識とともにその扱う品々を用いていただくことによって得られる「日々の幸せ」を扱っているのです。

口幅ったい言い方になってしまったかも知れませんが、そう云うことこそ、これからの変わりゆく(お客さまの方が先へ行っておられます)社会のなかで、お客さまとともに歩んでいける商人(あきんど)になれる姿ではないかと思っています。

ですから、目と鼻の先に四国随一の巨大なイオンモールが出てきても、淡々と日々の商いが出来、売り上げさえも上げていくことが出来るのだと思います。

 

ごめんなさい。

ごく普通のお客さま方には硬い話になってしまいました。

その川西さんといろんなお話(情報交換なども)していたら、あっという間に時間は過ぎていきました。

夕方になり、そこから車で10数分のところにある、もう一件のお仲間CATさんのところに向かいました。

川西さんの車に乗せていただき、向かった先は何ともこぎれいで、お洒落なカフェのようなお店でした。

これが、カラーデザインオフィス 有限会社 CAT さんでした。

代表者の宮井さんとお嬢様である新居さんとの二人三脚(もちろん多数のスタッフさんもおいでになります)で、パーソナルカラー診断からお顔周りのお化粧やお洋服などのトータルコーディネイトをされています。

こちらも、モノではなく来られるお客さま(ひと)にフォーカスして、いろいろな学びやご提案を商いとされています。

店内の作りや演出など、大変勉強になりました。

その後、川西さん、宮井さん、新居さんとともに高松中心部にある、地産地消の美味しいお店で、商い談義に大いに花を咲かせました。

ここでのお話しは濃すぎて、ちょっと自主規制です(^_^;)

何はともあれ、とても充実した時間を共有できたことは、本当にありがたいことでした。

川西さんと奥さま、宮井さん、新居さん、ありがとうございました。

このお話しの続きは、また後日。。。。

 

コメントを残す