大人の遠足|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

大人の遠足2009-02-19

16日の月曜日から昨日 水曜日まで、北陸を放浪していました。
って、大げさな(笑)。。

実は、年に一回行っています「マスター会(マスターシューフィッターの集い)」があって、それに参加してきたのです。
うちの連中は、通称「大人の遠足」と言っていますが。

 

今回は、6人で北陸三県を巡りました。
初日は富山県。高岡に集合し、高岡大仏を観がてら、古い町並みを散策。その後、「高岡鋳物伝統工芸士」である神初宗一郎さん(号 利三郎)さんのお店に。

ここで、鋳物体験をしました。
錫を流し込んで文鎮を作るというものなのですが、その表面に好きな言葉やデザインをして作るのです。
簡単なようですが、文字・デザインが逆になるため、なかなかにむずかしいんです。

 

錫のデザイン

すみません。超へたくそなものを載せてしまって。。
他の皆さんは、なかなかにセンスがよいおしゃれなものを作りました。

個性が出ますね。
自分の理想・目標とする言葉を入れたり、靴をデフォルメでデザインして年号を入れて記念にしたり。
ちなみに、私のものは「横丁の靴や」としたのですが、漢字の逆文字はむずかしいものでした。

 

その夜は氷見に宿泊し、今が旬の「寒ブリ」をいただきました。

いやぁ、うまかった~~~!!!!
普段ではとても味わえないものを体験させていただきました。}

その後は夜が更けるまで、靴や足に関する話に口角泡を飛ばして大討論会でっす。

皆、さすがにマスターだけに想いが濃いというか、しゃべりまくります。
毎回集まるたびに、このような話し合いがあり、ここから新しい靴が生まれたり大きな気づきがあったりします。ですから忙しい中、皆さん(横丁の靴やも含めて)集まるのです。

 

二日目は石川県は金沢を経て、越前三国町(福井県)に。
横丁の靴や、はじめて「雪の兼六園」を見ました。雪が降りしきるなか、名庭園を嘆賞し、おいしいお茶と和菓子でしあわせな気分になりました。
しかし、この日もよく歩きました。

いろんなところを歩きながら「ああだ、こうだ」と言っております。ちょっとうるさいかも。。

金沢市内で、横丁の靴やは久谷の招き猫を発見。
小さなものですが、可愛い顔をした左手上げのネコちゃんです。
お店に連れ帰ることにしました。店内のどこかにいますので、探してやって下さいね。

夜は、宿にて 出たぁぁぁ。。。。

 

かに

そうです。かにずくしの料理です!
越前ガニの本場、三国町です。
とれたてのかにのフルコース。
こんな贅沢をしていいのかいな、と思いながら完食です。
もう何も入りません。
あとは、腹ごなしに昨夜の続編、ミーティング!です。
この夜も次の日になるまで話し合っていました(横丁の靴やは、途中でダウン。寝てしまいました)。

 

三日目は、雪の永平寺を訪れ、心身ぴりっと引き締めていただき、帰って参りました。
三日間とも雪の中の旅でしたが、よかったですねぇ。
いろんな体験ができたし、普段は食せないような美味しいものをいただくことが出来たし。何より、仲間のエネルギーをたらふくもらいました。

 

地域も違い、考え方もいろいろに違い、個性豊かな仲間と顔をつきあわせ自由闊達に話をしていると、いろんなものが出てきます。
学び合いにもなる合宿「大人の遠足 2009」はこうして幕を落としました。

 

コメントを残す