小さいけれど、多くのお客さんに愛されている映画館|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

小さいけれど、多くのお客さんに愛されている映画館2011-04-13

今日は久しぶりにゆっくりできました。

昨日、溜まっていた事務仕事をかなり追い上げたので、今日は完全休養日にしました。

友達の桐生さんから聞いていた映画「アメイジング・グレイス」を観に行こうと考えました。

この映画、愛知県では名古屋にある「名演小劇場」という館でしか、上映されていません。

近所のシネコンでは、TV宣伝している人気作品は上映していますが、こういった、少し地味だけれどイイなあという映画はまず来ません。

それで、遠くても名古屋まで走ることになるのですが。。。。

今日の「アメイジング・グレイス」は、有名な曲でもあります。

その曲が出来たエピソード、つまりイギリスでの奴隷解放にまつわる映画です。

映画自体は、とても良い映画で、いろいろな気付きもあり、ぜひお勧めしたいものですが、ここでの論評は控えます。

それよりも、横丁の靴やが感じたのは、こういった素晴らしい映画がなぜ他ではかからないのかなあ、ということです。

恐らくは、効率的なことだと思うのですが、いつものシネコンよりも入館率ははるかに高いですし、お客さまのマナーもはるかにいいですね。

(シネコンですと、エンドロールの最中に続々と出ていきますが、ここはそんなことはないんですね)

また、待っている間に、「津軽百年食堂」という映画も上映されていて、また、連続で鑑賞できることもあって、久しぶりに「連チャン」をしてしまいました。

そして、有料の「シネサロン会員」にもなってしまいました。

これって、考えてみるとすごく深いことです。

映画なら、近所で駐車場完備でいつでも観られる「シネコン」が便利でいいのですが、それなのにわざわざ車で一時間近く走り、尚且つ駐車料金まで負担してでも行きたい!と思うのですね。

それは、かけている映画の質が良いこともありますが、館のスタッフの方々の「映画にかけている愛情」。

そんなものが見えてくるのですね。

これって、とても大切なことだと思うのです。

当おさだウイズ店も、かなり高価な商品を扱っていますが、お客さまは東海4県からわざわざお越しいただいています。

とても勉強になる部分が多いのです。

商品の質、それにかける愛情(こだわり)など、これらによって、小さなところでも大手に伍して、いやそれ以上に、お客さまのお役にたつことが出来る。

そんなことをビンビン感じ、うれしくなったのです。

それで、この館を応援したくなって、「会員」にさせていただいたのいです。

これからは、このような「共感」を得ることが出来るかどうかが、商売や企業の在り方にとって大きなものとなるように思います。

 

コメントを残す