本気は伝わる!|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

本気は伝わる!2010-06-19

昨夜、半田市で行われた「森源太ライブ」に行ってきました。

お友達のレディバッグ 市野里代子さんとニイミプライム新美恵美さんのお二人が企画招聘して実現したものです。

森源太さん

横丁の靴やも二三ヶ月前までは知らなかったのですが、市野さんから熱く語られ、サイトをのぞきに行って、源ちゃんのファンになりました。

そして、昨日、大事なお店を途中で抜け出し半田まで。

 

最初、登場したときは、失礼な言い方をすると、どっかの田舎のあんちゃん、って感じでした。

でも、何曲か聴いていると、じーんと、何かが伝わってくるんですね。
そう、源ちゃんのこころの源みたいなものが、やんわりと伝わってくるんですね。

決して、強烈ではありません。

やんわりと、です。

 

なんだろう???

決して、唄はそんなに上手とは言えないし、決め手になるような「詩」があるわけではないのですが、じわーっと伝わってくるんです、何かが。

彼は、まったく”素”の状態なんですね。

途中でギターの弦が切れても、話をしながら張り替えてチューニングをし、そのまま続行。

プロなら、予備くらい用意しているだろうってつっこみをする人もいませんわな。

途中で彼の生い立ちから過ごしてきた歴史のようなものも言っていました。

サイトをご覧になればわかると思うのですが、ホント異色の歌い手です。

 

彼は、自分のしたいこと、つまり唄を通して、なにかを伝える、そう、エバンジェリスト 伝道師のようなものなんですね。

ひとの心の温かさを、カンボジアの子供たちの夢を

そして、国境はあっても空にはなんの境もないよね

ということを、ただ伝えたい。そんな感じを持ちました。
ただ、そういうのって、どこか誇張的であったり宣伝的であったり、もっと言ってしまえば、すごく練られた心理的特殊効果であったりする場合も多いんですよね。
でも、彼は違った。

何だろうね?

ポテトのような32歳のおにいちゃんの唄が、会場にいる人たちのこころをじわーっと溶かすようにしている。

ライブ終了後、彼のCDを購入し、話をし、購入したCDにサインをしてもらった。

 
森源太CD

そう!

ずーっと感じていたもの。

「本気は伝わる」

これです。彼はホント”素”のままなんです。

そして、自分が感じて、考え、そこから伝えたいことを、照れもせず全国各地で黙々と、本気で伝えているんですね。

ショックというか、とても大きなものをこの若い歌い手さんからもらいました。

本気は伝わる
手前どもの商売でも、まったく基本は同じことです。

伝えないと、伝わらないとお仕事にはなりません。

いくら、よい靴をそろえていても、いくら、シューフィッティングの技術を高めていても

ウチで靴を購入することであなたは快適になれるよ

ってことを、本気で伝えることをしないといけないなと、教えてもらいました。
うーん、とても実りある時間でした。

来てくれた源ちゃん、そして、開いてくれた里代ちゃん恵美ちゃん、ありがとう!!

 

“本気は伝わる!” への2件のフィードバック

  1. ♪源太マネージャー ともこ♪ より:

    はじめまして!
    源太マネージャーのともこ♪です!
    このたびは、半田ライブにいらして頂き、
    ありがとうございました!
    そして、素敵なコメントをブログに載せて
    頂き、感謝してます。
    今日も、高校球児に
    「本気は伝わる」と熱く語り、唄ってきました!
    10月9日には、名古屋でバンドワンマンライブがあります!
    ご都合よろしければ、ぜひ!いらしてください!
    お待ちしてます!

  2. 横丁の靴や より:

    ともこ♪さん、はじめまして。
    おさだ@横丁の靴やです。お越しいただき、ありがとうございます。
    源ちゃんの「本気」しっかり受け取りました。すばらしいです。
    また、機会を作って出かけたいと思っています。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す