東京への遠足 その1|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

東京への遠足 その12009-09-13

では、東京への大人の遠足、旅行記のはじまりです。

9月6日(日) 午前8時に、JR名古屋駅新幹線口前に集合です。

横丁の靴やと金ぽこのやまだの二人は、7時半頃に着いたのですが、もう待っておられるかたがいました。

 

大人の遠足1

 

今回は、県内・県外から13名のお客さまのご参加です。駅に定時に集合していただくのも大変なんですが、8時前には皆さま全員そろいました。

すばらしい!ですね。さすが、おさだウイズ店のお客さま。すばらしいです。

 

さあ、それでは、出かけましょう。

8:20発の「のぞみ108号」で、一路東京へ。

東京へは、10:03着。ここから山手線で一つ戻り、有楽町駅へ。ここで、浜松から乗られた方と合流です。

無事、ランデブーに成功した後、国際フォーラム内の「相田みつを美術館」へ向かいます。

皆さま、相田さんの世界を充分に味わっていました。

ちなみに、今回 横丁の靴やが感銘を受けた言葉は、

「迷いの着物を  脱いでもね 悟りの着物を  着たんでは   みつを」

というものでした。

いいですね。また時間を作って訪ねたいです。

 

この後、フォーラム内のレストランで美味しいハヤシライスをいただいて、文化講演会会場の浅草ビューホテルまで、山手線とつくばエクスプレスを乗り継いで行きます。

今回はここまで。次回は、黒川伊保子先生による、すばらしい講演です。
では。

 

No tags for this post.

コメントを残す