歳を重ねるということ|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

歳を重ねるということ2008-12-16

先々月、個性派俳優の緒方拳さんが亡くなられました。

 

好きな俳優さんのお一人でした。

いろいろなメディアがコメントなどを出されていましたが、

その中でNHKのニュースだった思いますが、非常に印象的な「言葉」がありました。

 

生前、緒方さんがインタビューで語っていたものですが、

「ひとに伝えるのには、70才から80才というのはとても適切な時ですよ」

みたいな発言でした。

聴いていて、「うーん!」と唸ってしまいました。

70才80才。

 

私の商売の先生からも、

「歳を重ねるほど若い人より有利です。

馬力とか体力・瞬発力は落ちてきますが、

その代わり『経験』というものが圧倒的に違ってきます。

それが、ハンディーを補って余りある力を与えてくれます」

と、お聴きしました。

 

自分はまだ50代半ば。お子さまの範囲ですかね。

うまく伝えられなくても当然かなどと、ちょっと開き直ってしまいました。

うん?困ったものですね^^;。

でも、80才。自分は生きていることができるのだろうか?とも思いました。

 

また、

「演じようとしなくていいのです。

思いをかみしめて伝えようとするだけでいいんですよ。

演じない方がいいんです。」

みたいなことも云っておられました。

うーん、ここまでくると、まさに達人の域です。

 

この域は無理としても、自分のしていることが多少でも人様のお役に立てるような、

そんな人間になれればいいなあ、と思っている横丁の靴やです。

 

No tags for this post.

コメントを残す