残念なお客さん|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

残念なお客さん2013-10-05

小さいお子さまとお越しいただいたママ。

「足のサイズ測ってもらえますか?」ということでしたので、その子の小さい足をしっかり見てさわって計測。

履いてこられた靴は、もういっぱいで小さくなっていました。

で、「ちょうどお嬢ちゃんに合う可愛い靴いくつかありますから、持ってきましょうか」と伺ったところ、「いや、いいです。。。。サイズがわかれば、、、、」

こちら、?????ですね。

足を計測するのは、履かれる人にとってもっとも適した靴型のものを選んだり、形状や肉質や特徴をつかんだりすることの一環なのですが。。。。

 

子供靴

 

「サイズ」だけで靴が選べれば、こんな楽なことはないのです。

そこからが大事で、その人の足にぴったり合って、なおかつ、気持ちよく履いて生活できる靴を選び出したり、微調整をしたりすることって、結構にむずかしいのです(~_~;)

左右差や、どこか問題になりそうな箇所はないかと、試し履きの間にもいろんなことをチェックしているのです。

まあ、金額のこともあるでしょうから、サイズだけ測ってネットで購入、、、、

のようなことを考えるのも、わからないことはないのですが、、、、、、、、、

 

でも、それってホント勿体ないことだと思います

詳しい知識も経験もない、云ってみればごくごく素人のママさんが、我々でもむずかしい子供靴を、金額の多寡だけで探すのって無謀だなぁって思うのです。

こういう「残念な」お客さんが、この頃ちょいちょいおいでになります。

詳しく説明して実際にお履き試ししていただければ、わかっていただけると思うのですが、このような方々って、サイズだけ聞いてすっと帰って行かれるのです。

残念なことです。

が、仕方ないですね。縁がないんでしょうね。

 

コメントを残す