煮詰まった、そのあと|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

煮詰まった、そのあと2008-01-03

ちょっと座り仕事が続き、疲れてしまった横丁の靴や。

お昼から名古屋へ遊びに出かけました。

といっても駅の周辺を適当にうろつき、PCソフトの解説本と新年開店用の洋菓子を買っただけですが、煮詰まっていた頭が少しほぐれました。うれしい。

 

名古屋駅

 

それにしても、名古屋駅周辺、すごい人出です。

どこから湧いてくる(失礼)というほどの人の数。人酔いしてしまいそう。。

この写真の両横に入り口のあるJR高島屋さん、ごった返していました。

 

折りしも、バーゲン突入のようでほとんどの品々がプライスダウン。

「う~ん!!」と唸ってしまいましたね。

靴売り場も見ましたが、どこからコンだけ!集めてきたのかという程の大量の靴。

そして、このような状態では接客も何もあったものではありません。

適当に足を突っ込んで価格とデザインがOKなら買い!  かと言うとそうでもありませんね。

結構シビアに目利きしていらっしゃいます、お客さまは。

「これは???」という品は、試し履きされたあともありません。

ロングブーツも今年の流れからか、かなり良いものも見向きもされていません。げに流行とは恐ろしきものかな!と思いました。

当店では、昨年シーズンインとほとんど同時にロングブーツ、手当てしたものが捌けてしまい、お客さまからは「来年は、いつ入るの?私の確保してきて!」などと言われていたのとは、ちょっと違う感じ。

 

あっ、誤解しないでくださいね。

別に当店の自慢をしているわけでも何でもなく、ちょっと考えてしまった、と言うことです。

要するに「つくりすぎ」なんでしょうね。。

自店ではこれをお客さまにお勧めしたいというのではなくて、「さあこれだけ揃えました、どれでもどうぞ!」ってスタンスの違いかな、と思うわけです。

まあ、吹けば飛ぶような横丁の靴やと巨大なデパートさんではそのやり方は違って当然なわけですが、なにか勿体ない!!と思うのです。

年始と同時に各地の代表的なデパートでバーゲンに使われた商品はその後各地を転々とし、最後は哀れに処分?されてしまうのです。

エコが叫ばれる今の時代にあって、何となく割り切れなさを感じたのです。

すみません。どうも話が変な方へ跳んでしまいました。

 

気を取り直して、名古屋駅前のきれいなイルミネーションでもどうぞ。

 

イルミネーション2

 

ミッドランドスクエアをバックに、幻想的な光を放つ青色ダイオードのツリー。とってもきれいでした。

 

イルミネーション1

 

そして、こちらはツインタワーの真ん中にどんとどアップの壁面イルミネーション。

 

あらためまして、「A Happy New Year」。

皆さまにとって、この年が素晴らしいものとなりますように。。

 

コメントを残す