考える|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

考える2014-01-12

お越しいただいたお客さまがたにどのようにすれば、もっともっとゆっくり時間を愉しんでいただくことができるだろうか???

それが、いま、おさだウイズ店が模索していることの一つです。

昨年の暮れでしたでしょうか?

東京の繁華街の一角に小さな個人書店さんが開業した、とのニュースを何かで読んだ記憶がありました。

店内では、読書会や勉強会、著者さんによる一日店長などユニークな試みをされていて、本好きの人たちの注目のお店になった。そんな記事だったと思います。

そのお店が、寒くなったらお店の一角にこたつを置き、靴を脱いで見知らぬお客さま同士が暖をとりながら、愛読書について語り合うようになったそうです。

これって、イイですよね~

人のふれあいとかおしゃべりをする「場」があり、その愉しさのあとについてくるものとして、結果、「モノ(この場合は本なのですが)」が売れていくと云うことなんです。

このような、私たちが考えていることと全く同じような現象が全国あちこちにおきてきているようです。

 

こういう記事などを目にしますとうれしくなるし、元気をいただけます。また、学びにもなります。

おさだウイズ店でも、履き心地がよく、日々の生活の中でうれしくなる靴選びをするためのシューフィッティングの技術は当然として、これからの「なつかしい未来」を創造するお店として、そういう愉しさを提供する空間=「場」づくりの大切さを常々考えています。

どうしたら、当店にお越しになるお客さま方に、靴選びだけではなく、「あっ、ここのお店たのしいな!」「もっと居たいな~」って言われる場づくりやおもてなしをできるか。

そんなことを考えているのって、結構我々もたのしいのです。

 

コメントを残す