自分の仕事って何だろうかと考えてみました。|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

自分の仕事って何だろうかと考えてみました。2010-07-20

横丁の靴や、と云うくらいで、お仕事の本質というか中核は

お客さまの生活やお仕事でお役に立つフットウェア(靴)をお売りすること です。

ですから、

お客さまのお話をお訊きすること

お客さまの歩行状態をチェックすること

お客さまのおみ足を計測すること

そして、その方のご要望に添った「靴を選び出すこと」

お求めいただいた靴と足の適合性を見ながら、微調整すること

その後の「履き方」へのフォローとメンテナンス

などが、あります。

 

これらは、言ってみれば「靴や」職人としての本領ですが、この他にも、いろいろなお仕事があります。

先ずは、この店の「していること」や「お客さまのお役に立てること」をお伝えして、ご来店いただくための仕組み作り。

こうして、ブログを書いたり、ツイッターでつぶやいたりすることもその一つなのでしょうか。
それから、お越しいただいたお客様方と、これからも深い絆を結んでいただくために行っているニュースレターやKIZUNAメール。

これらが大事なお仕事なんですが、もう一つ忘れちゃいけないものがあるんですね。

それは、本当によい商品を探し出すこと。

仕入ですね。

 

当店の場合、ほぼ展示会へ出かけていって発注してきますので、そのための準備というか支度が大変です。

いろいろなお客さまのおみ足に沿えるように、各種の木型の商品のチョイスや独自商品のオーダー。

輸入品がほとんどのため、定番品以外はなくなればお終い!なんです。

 

そういうことも、お客さまにはきちんとお知らせしなければいけないのですが、能力不足のためお伝えし切れなくって、ご迷惑をおかけする場合もあります。

ごめんなさい。

こうしてみると、結構しっかり働いていますね。

自分で言うのもホント変ですが、頑張っていると改めて思いました。

と云うわけで、本日の定休日。

これからの時間は休養と教養のために充てたいと思います。

ではでは。。

 

コメントを残す