複雑な・・・気持ち|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

複雑な・・・気持ち2007-05-09

さすがというのか、なんと言ったらよいのだろうか?
今日、お休みを利用してあるショッピングセンターへ出かけました。そのエレベーターの中に張ってあったもの。
写真のものです。

 

POP

 

このところ、六本木ヒルズのエレベーター問題が取りざたされていますね。その他にも 原発、飛行機、遊園地の遊具、エトセトラ。。
かっての日本の安全神話が揺らいでいます。

「安全・安心」は経営の要諦ではありますが、コスト優先・効率重視の風潮の中で、ちょっとないがしろにされているきらいがあります。
全部ではないでしょうが、あらゆる産業の中にもその芽は見えるようですね。

で、先ほどのエレベーターの張り紙。
お客さまのためと云うことでしょうが、このPOP、ちょっと複雑な気持ちにさせられてしまいました。
何を言いたいんだろう???

ウチはあの「オーチス」とは違うよ!ということでしょうか。
それよりも、「当ショッピングセンターで使用しているエレベーターは、厳格な管理・保守点検をしています。安心してご利用ください」の方がすっきりすると思うのですが ・ ・ ・

 

翻って、自分のところではどうだろうか?
たかが「靴」ですが、身体全体を支えるものだけに、しっかりした商品をそのお客さまのご用途などに応じてしっかりお届けできているだろうか?
身を、気持ちを引き締めねばと思いながら、張り紙に見入っていました。

“複雑な・・・気持ち” への4件のフィードバック

  1. きそうじや より:

    う~む、複雑な心境になりますね・・・。
    この紙が張り出されたということはやっぱり
    「おたくのエレベーターは大丈夫なの?」という
    客からの問い合わせが何件かあったということなのかな。
    ・・・にしても、その書き方はないですよね。

  2. 横丁の靴や より:

    きそうじやさん、こんにちは。
    コメント、ありがとうございます。
    書き方一つで・・・・
    の典型例みたいのモノですね。
    自分も心しようっと思いました。

  3. う~む、何か勘違いしているように感じますね。
    見ているところがずれているような・・・。

  4. 横丁の靴や より:

    てっちゃん!さん、こんにちは。
    ご返事が遅れ、申し訳ありません。
    やはり、ちょっとずれていますよね。。
    よかった!
    私ひとりだけの感覚ではなかった。

コメントを残す