通学靴|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

通学靴2008-07-28

幼稚園や小学校に履いていけるよい靴って、探してみるとあまり多くはないのです。

いろいろなメーカーさんからびっくりするくらいの数の商品が出ていますが、当店基準からすると、「これはいい!」と言えるものが少なすぎるのです。

 

甲をしっかり押さえ今の子供たちのうすい足にも対応できているか、そしてかかと周りはしっかりしているか?

こんな簡単な基準なのですが、形だけでぶかぶか、ふわふわの靴があまりにも多いと感じていました。

それは、お子さまの足を考えているお母さま方も同じで、ずーっと懸案になっていました。

それを何とか解決できたのが、昨年4月に発売した「マスターシューフィッターたちで作った」通学靴でした。

 

スクールシューズ

 

おかげさまで、入荷と同時に予想以上に売れました。

ところが、これは仲間内で作って発注をかけている商品でしたので、追加がすんなりといきませんでした。

しかも、いろんな制約が多くなり、当店としては続けたくても入らない状態になってしまいました。

 

かなりの数を確保していたのですが、完売になってしまいました。

お客さまからは、「子供が気に入って、もう他のものは履かなくなってしまった!」などのうれしいお声をいただくと同時に、その次の品が大きな宿題になっていました。

いろいろなメーカーさんの展示会に出かけたり、個別のメーカーさんとの折衝もしたのですが、ロット(生産の時の数)がべらぼうな数だったりとかで、自店のみで調達をするのは無理と解りました。

それでも何とかしなくっちゃ、ということで、これまでのお取引先様以外での調達も視野に入れて、探し回りました。

 

そして、やっと、これなら自信を持ってお勧めできるという商品に出会えました。世界的にも有名なメーカーさんの靴です。そこの大きな展示会場をくまなく、一足一足チェックして回り、やっと見つけました。

 

スクールシューズ2

 

三本ベルト(サイズの小さいものは二本ベルトです)でしっかり甲を押さえ、かかと周りもしっかりしています。

基本になる「木型」も考えていたものに近い!ものです。

それと、前回の靴で弱点であった耐久性が大幅に上昇しています。

前回の商品はとてもよかったのですが、底材が弱くすぐに減ってしまうという問題がありました。今回は、そのあたりも考慮に入れて探しました。

数もちょっと多めに発注し、分割で入るようにしてあります。

 

その待望の商品が一昨日入荷し、お待ちいただいていたお客様方にお電話したところ、もう二日間だけで10足以上お持ちいただきました。
お子さまの足を再計測して、ぴったりサイズのものを履いていただく瞬間、すごく緊張しました。

前回の商品は、もう何人かの手と目で確認していたものですが、今回は私のこれまでの経験で選んだものだけに、「はずれてたらどうしよう」という不安もあったのです。

 

それが、履いたお子さんがにっこりしてうれしそうに店内を駆け回り始めたとき、ホントよかった!と安堵しました。

お一人だけ、「おじさん、微妙・・」と言われたお子さまがいました。

「ええっ??」とちょっと不安になりましたが、そのお子さまはずーっとヨーロッパ製のよい靴を何足も履き継いでもらっている子でした。
それに比べると「微妙~」ということで、他の運動靴に比べると「断然イイ!よ」と言ってくれました。

それと、このような商品で一番問題になるのが「追加」のことです。

安定供給がすごく大事な商品ですので、かなり多めに発注をかけています。そして、このシリーズが切れてもいいように次の品も確保済みです。

これで、前回のように切らしてしまい半年近くお待ちいただくこともないかなと思っています。

 

こんなことがあり、やっとこうしてサイト上でご案内しようという気になりました。価格は、税込み5,250円です。

お子さまの通学靴でお困りなっておられたお客さま、ぜひ一度お子さまと一緒にお越しいただき、その履き心地を感じて欲しいと思っています。

コメントを残す