1000年の時を経た苦悩|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

1000年の時を経た苦悩2015-12-03

昨日、海津温泉に浸かった後、名古屋まで引き返しました。

徳川美術館で開催されている「国宝 源氏物語絵巻展」へ直行しました。

 

源氏物語絵巻

 

1000年の時を経て伝わっている「源氏物語」。

人の愛と苦悩って、その時から変わらないのですね。

これだけ技術やら情報通信などが劇的に進化している現代でも一緒なのかと。

まあ、それはそうですよね。

人間の深いところって、そうそう変わるものじゃないですものね。

文がメールやメッセージやチャットに変わったところで、こころのなかの大事なものはなかなかに上手くは伝えられないし、またこころのやり取りは出来ても、負ってしまった苦悩はどうにもなるものでもないですし。

そんなものを「絵巻」で伝える「源氏物語」って、やっぱりスゴイのひと言です。

なんかねぇ~、上手く表現できないのですが、「柏木 3」で源氏が薫を抱いている姿にいろんなことを感じてしまいました。

「源氏物語絵巻展」 12月6日(日)までやっているようです。

もしよろしければ、出かけてみるのもイイかもです(*^_^*)

 

コメントを残す