Vabeene工場見学その5|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

Vabeene工場見学その52013-05-23

Vabeene社工場見学の記事、5回まで来ましたか?

もう少しお付き合いくださいね。

Vabeene社での工場内部で行われていること、少しでもお客さま方にお伝えできればと書いています。

先回、裁断された革素材(パーツ)がベテランの職人さんたちの手(手業)により、ほれぼれする靴になっていく前半を載せましたが、これからその後半部分です。

縫製された各パーツを組み立てていきます。

Vabeene社では、セル単位、と云うかチームでの作業が主形態となっています。

 

バベーネ工場視察7

 
ほぼ4人単位で机を並べ、仕上がりに応じて次の人に回していきます。

流れ作業のようなのですが、あくまでセル単位で各チームが責任を持って仕上げていくのですね。

 

バベーネ工場視察8

バベーネ工場視察9

 
このようにして、靴の体裁に整えられたものが、再び一階に降りていきます。

ここで、つり込み(縫製されたアッパー〔甲革〕をソールにまとめる)や接着などをして、靴やブーツやサンダルになります。

 

バベーネ工場視察10

 
そして、つり込み、接着された靴などは、一足一足熟練の人の手によって、仕上げ工程を施され、厳しい検品に回ります。

見ていて、本当に手業と云う言葉が当てはまる作業風景です。

「えっ、ここまでやるの?!」っていうくらい丹念に行っています。

見えないところに神経を行き届かせる。

それが商品になったとき、エレガントでしかも履き心地のよい、本物のシューズになることを知っているからこそ、手を抜いたところが全くないのですね。

だいたいの工程はこんなところですが、まだまだ驚きの現場に遭遇しました(見せてくださいました)。

次回は、そんなびっくりするシーンを載せたいと思っています。

続く~、、、、、

 

コメントを残す