おさだウイズ店のスタッフは全員シューフィッターです|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

おさだウイズ店のスタッフは全員シューフィッターです2020-01-08

先ほど、シューフィッターの資格認定を行っている一般社団法人「足と靴と健康協議会(FHA)」へ顔写真を送りました。

 

シューフィッタークラブに加入して勉強を続けているので資格は自動更新となりますが、新しい証明書作成のための顔写真が必要とのことで送りました。

 

普通、こう云う写真は免許証などのような紙焼きの写真が必要かと思われますが、データでよいとのことで、普段の写真で送りました。

 

 

長田達郎です

おさぴーです

 

山田美智子です

やまだです

 

 

これで、よかったかなぁ~(笑)

 

 

ところで、

 

快足楽歩カンパニー おさだウイズ店はスタッフ全員シューフィッター資格を持っています。

 

店長の長田はマスターシューフィッターとシニア専門シューフィッター

大黒柱の山田はバチェラーシューフィッター

普段はお店には出ていませんが、もう一人長田もバチェラーシューフィッター

一番若い青木はプライマリーと幼児・子供専門シューフィッター

 

 

まあ、資格があるからえらいなんてことはないのですが、こと身体に関するウェア(靴=フットウェア)を扱う以上は、それなりの勉強と資格は欠かせないと思っています。

 

そのため、スタッフ全員「シューフィッター」資格を取得しているのです。

 

 

快足楽歩カンパニー おさだウイズ店では、それと共に

 

お客さまの未だ知らない「愉しさ(よい靴にめぐり逢って、人生が愉しくなること)」をお伝えしようと励んでいます。

 

 

靴と云うモノはどこにもありますし、この頃ではネットでお求めになる人もいる(おさぴーは、メガネと靴と入れ歯はネットでは買えるものではないとの信念を持っていますが)くらいですが、単なる足を入れるだけの靴なら構わないかも知れませんが、結構靴って奥が深いしこだわりだすと、メッチャ難しいものなんです。

 

「履き心地の伝道師」として、ご縁のある方々を笑顔のある暮らしにお導きしたいって熱望しています。

 

 

そして、あなたに履いていただきたい靴があるのです。

 

 

こんなにお気に入っていただきました

お客さまの日々で輝けるようになる靴をおすすめしています

 

 

映画「カーマイン・ストリートギター」

こんなニューヨークのギター職人のようになるのが夢です

 

 

 

快足楽歩カンパニーにお越しいただいて

 

「靴ってこんな気持ちのよいものだったんですね」ってため息をつかれる方も毎日のようにおいでになりますし、「目覚められる」方もとても多いんです。

 

「えっ、履いてないみたい」とか「どこも痛くないし、つつまれる感じが気持ちいい」ってお声を伺う度に、もっとしっかりお伝えしていかなくっちゃと思う、私どもです。

 

 

一度ご自分の足もとを見直してみませんか。。。

 

ぜひ、快足楽歩カンパニーおさだウイズ店をご活用いただけると、うれしいです。

 

コメントを残す