「履き心地」という、目に見えないものを商う|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

「履き心地」という、目に見えないものを商う2011-01-14

この頃、感じることに、”技術の進歩の速さ” があります。 実は、横丁の靴や、結構新し物好きで、いろんなものに少ないお金の中から支払いをしています($・・)/~~~   IT機器などは、3年も持たずに陳腐化してしまうようなスピードです。 規格やベースになる素材なども、新技術や発見・発明によってどんどん変化しています。 そして分業化された世界的な生産システムでつくられる製品は、どんどん価格も

詳しく見る

素直にうれしかった、初売りの光景2011-01-06

2011年初売り

おさだウイズ店、本日が2011年の初売りでした。 6日ほど、お休みをいただいていて、お店を開けるとき、とても心配になります。 お客さまは来ていただけるだろうか? 新しいスタートの時には不安なものです。 朝一番で、氏神様にお参りに出かけ、早めにお店に入って点検と準備をします。 スタッフも早めに入店してくれて、いざミーティング。 今日は、、、、と段取りをチェックしていったら、なんと、「バニーとジャンケ

詳しく見る

新しい年に入りました2011-01-02

2011年、卯年の二日目です。 皆さま、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 内輪話で恐縮ですが、おさだウイズ店、オープンから20年を迎えます。 よく頑張って来られたものと感慨深いものがあります。 これもすべて、お越しいただいていただいたお客さま、よい商品を提供くださっているお取引さま、いろんな業務などでサポートいただいているパートナーさま、そして、丁寧でフレンドリ

詳しく見る

これからも頑張ります。2010-12-18

店舗改装2

昨日、待ちに待っていたテーブルやベンチなどが入ってきました。     この位置には、もともと造り付けの大きな”陳列用の台”がありました。 それを取り外してできた空間に、お客さまとのお時間を共有する「スペース」を設けたくて、新たにテーブルやベンチなどを入れたのです。 これからの商売って、単に売ったり買ったりするだけではなく、お客さまと、ゆったりと暮らしのことや好きなことなどを語り

詳しく見る

頑張ってくれています2010-11-19

優子さん

今日は、おさだウイズ店のニューフェースさんをご紹介します。       来年には、20周年を迎える、おさだウイズ店。 いろんなおたのしみ企画を練っています。 その中でも、ある目的をもって発行する予定の「お客さまカード」。 当店のデータベースとKIZUNAメールとの結合や、いろんな、これからのお仕事へのブリッジになります。 そんなカードも、お客さまの大事なデータを大切に

詳しく見る

そんなに難しいことではないと思うのですが・・・2010-10-25

一昨日は、かなりビジーな日でした。 やまだがお休みをいただき、私一人でしたが、お越しいただいたお客さまの応対に精を出すことができました。   そんな中、お一人、山梨から車で走ってきていただいたお客さまが。 わざわざ車で当店までご来店くださるなんて、普通ではありません。 じっくりお話をお聴きしてみると、”何を履いてもどこかがあたる”とか痛くなってしまうとのこと。 こちらも一生懸命お話を伺い

詳しく見る

偽造品にご注意下さい。2010-09-01

MBT正式ディーラー

昨日は、当店の主力商品の一つ、「MBT」のミーティング&新製品発表会へ出かけました。 そこで初めて見た”MBTの偽造品” 主にネット通販やオークションでつかませられた偽物。 デザインやロゴマークなど、表面上の見えるところは、ホントそっくりに作られてます。 しかし、肝心要の構造や機能は、まったく別物。 話にもならない、ひどい造りです。   そんなもの、なんで買うんだろう???って、疑問を持

詳しく見る

どうすれば、お客さまによろこんでいただけるだろう2010-07-24

連日猛暑が続いていますが、いかがお過ごしですか? 横丁の靴やは、ほんのちょっとへばり気味(これって方言?)です。 暑さのせいも多少あるかも知れませんが、昨日からはじめた、新しい試みで頭と身体をフル稼働したもので、”知恵熱”が出ているようなものです^^; 非常に、もっさい(これも方言?『おんぼろな』とでも言う意味です)自分の身体ですね。 何をしているのかと言いますと、この炎天下に、ある商品の”ブーツ

詳しく見る

自分の仕事って何だろうかと考えてみました。2010-07-20

横丁の靴や、と云うくらいで、お仕事の本質というか中核は お客さまの生活やお仕事でお役に立つフットウェア(靴)をお売りすること です。 ですから、 お客さまのお話をお訊きすること お客さまの歩行状態をチェックすること お客さまのおみ足を計測すること そして、その方のご要望に添った「靴を選び出すこと」 お求めいただいた靴と足の適合性を見ながら、微調整すること その後の「履き方」へのフォローとメンテナン

詳しく見る

いつも不思議に思うこと2010-07-18

人の足って、ホント難しいものです。 左右の計測数値が同じって人は、先ずいないですね。 どちらかの足が大きかったり、甲が高かったり、また、その反対だったり。 その上、その人その人によって、いろいろな個体差があります。 そして、生きている人の足ですから当然、日によっても変化したりします。 言ってみれば、とても面倒なものが”人の足” なんですね。 ですから、シューフィッターとして、いくら経験積んでいよう

詳しく見る

30 / 35« 先頭...1020...3031...最後 »