京都合宿|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

京都合宿2013-07-18

京都弘道館

火曜日から3日間、ある勉強会に行ってきました。 場所は、京都。時は、ちょうど祇園祭。 その宵山を見ることから始まり、「弘道館」という昔の私塾にて、本当のお茶の世界を分かり易く教えていただき、その奥深さと愉しさを体験させていただきました。   ※弘道館(こうどうかん)は、江戸中期の京都を代表する儒者・皆川淇園(みながわきえん/1734-1807)が1806年に創立した学問所です。淇園は開物

詳しく見る

初!沖縄2013-07-04

沖縄の夕陽

木曜日お休みをいただいて、3日間沖縄へ行ってきました。 はじめての沖縄です。 多くの方々が「沖縄病(琉球病)」とでも云うのでしょうか、何度も行かれているようなのですが、横丁の靴や、はじめて行ってきました。。 まあ観光なのですが、いくつかしてみたいことがあって出かけました。 それは、 1.斎場御嶽を訪れること 2.東シナ海に沈む夕日をじっくり眺めること 3.美ら海水族館でジンベイザメの摂餌シーンを見

詳しく見る

複雑で単純な世界2013-06-23

横丁の靴やの学んでいることの一つに、「複雑系」というものがあります。 学んでいる、なんて言えないほど、とても難しい概念なんですが、勉強になっています。   昨日のおさだウイズ店。 開店から3時くらいまでは静かでした。 でも、その後は閉店まで、てんやわんやの状態になってしまいました。 お店に入ってこられて、「こりゃ、今日は無理だな」と帰られた方も何名か。。。。。 申し訳ありませんでした&l

詳しく見る

祝富士山、世界文化遺産登2013-06-22

富士登山2

今日、カンボジアで開かれていたユネスコの世界遺産委員会で、「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」として、お山の世界遺産登録が決まったとのこと。 素直にうれしいですね。     横丁の靴やも、以前に地元の方と一緒に富士登山をしたことがあるのですが、その時も「霊峰 富士」のすばらしさをその身で感じました。     いつも東京出張の折に仰ぎ見る、富士の姿。 これからも

詳しく見る

雨に咲く花2013-06-19

紫陽花1

今日も雨の予想なのに、どんより曇った空が広がっている、ここ刈谷です。 降るときは降ってよね、という気持ちです。 実は、横丁の靴やの息子は農業をしているので、結構天候には注意を払っているんです。   まあ、それはさておき、雨に似合う花として「あじさい」がありますよね。 昨日、蒲郡市の形原温泉にある「あじさいの里」ってところへ行ってきました。 行ってビックリ! 約50,000本ものあじさいが

詳しく見る

職人の技2013-06-12

寿司職人

ところで、今日の本題です。 この下で、アメリカ映画(Olympus Has Fallen)の話を書きましたが、これもアメリカ映画です。 「二郎は鮨の夢を見る」 日本の職人を通じた、日本文化と「アート」についての、ドキュメンタリー映画です。   私はまだ行ったことがないのですが、東京銀座に、「すきやばし次郎」というお寿司の名店があります。 とにかく、ミシュラン三ツ星を6年連続でとっていると

詳しく見る

マインドマップ2013-06-09

mindmap

一昨日、お客さまのSさんが来てくれました。 先日開催しました「Vabeene工場見学報告会」のことで、訊きたいことがあるんだ~(^^)/と云うことでした。 何かな~って聞いてみると、バッグの中から「マインドマップ」が出てきました。 VaBeene (バ・ベーネ)について、彼女が感じているものをマップにしているそうなんです。   ちなみに、マインドマップってこういうものです  

詳しく見る

無事之名馬2013-06-08

これからも!

「無事之名馬(ぶじこれめいば)」って言葉がありますよね。 競走馬を指して、「能力が多少劣っていても、怪我なく無事に走り続ける馬は名馬である」とする考え方を表した格言とされています。 横丁の靴やは競走馬ではありませんが、大事なお客さま方の「足下からの健康」増進という目標を掲げて、日々お仕事に励んでいます。   自身の体調がよくなければ、お客さまの「足」と「お気持ち」に沿った、これぞという一

詳しく見る

アベノミクス2013-06-06

アンコールワットの夕陽

今日の新聞に、アベノミクス三本目の矢として、「国民総所得拡大路線」の話が載っていましたね。 所得が増えるのは悪いことではないのですが、どうもちょっと方向がずれているような気もするのです。 いち靴やの云うことではありませんが、そのような拡大路線が本当に続いていくのでしょうか?   アンコールワットに夕日が落ちるのを待っている二人、幸せそう(*^_^*)   もっと「貿易立国」神話

詳しく見る

真の豊かさとは2013-06-05

人口減少社会という希望

横丁の靴やが、今読んでいる本のひとつに     と云うものがあります。 「人口減少社会という『希望』」と、ちょっと奇妙なタイトルが付いていますが、内容は学術的なもので、しかもかなり示唆に富んだものです。 この中で、真の豊かさについていろんな角度から検証していますが、しっかり腑に落ちるものです。 そんな折、6月1日(土)の日経新聞に「GDP」の話が、わかりやすく解説されていました

詳しく見る

30 / 52« 先頭...1020...3031...4050...最後 »