ブラッド・ダイアモンド|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

ブラッド・ダイアモンド2007-04-20

まことにすみません。 このところ、ブログの更新が滞っていました。 とてもありがたいことにお店が忙しく、お昼ご飯が夕飯にという状態がずーっと続いていました。 自宅に帰ってきても帳面の整理やらなんやらたまっている仕事が多く、ブログ巡りもままならない状態でした。 本当にありがたいことなんですが、身体あっての物種で、50を越えると無理が利かないことを実感していました。   ここ数日、ちょっと落ち

詳しく見る

湯巡りとも言うマスター会2007-02-23

20日から昨日まで、九州に行ってきました。 毎年、この時期にシューフィッターのマスター仲間との旅行です。 当店のやまだ曰く「大人の遠足」だそうですが。   今年は、各地から福岡空港に集合し、大分・熊本両県をまわってきました。 途中、日田豆田ではお雛さまを愛で、美味しいそばに舌鼓を打ち、泊まりは、湯布院と黒川。 いい湯にゆっくりつかり、心と躰のコリをしっかりほぐしてきました。 帰りには、臼

詳しく見る

引き締まる2007-01-10

鈴松庵

今日は妻と母親の三人で、鈴鹿にある椿大社にお参りに行ってきました。 毎年恒例の一月初旬の参詣です。   昨年は、本殿でご祈祷を受けている最中に雪が舞ってきました。 今年は、それほどではなかったのですが、やはり寒い! コートを着ていていてもじわーっと冷えてきます。そこに、太鼓の響が。 これが、いいですね。 びしっと腹の底にとどくのです。 身を、心を引き締める、心地よい響です。 また、一年し

詳しく見る

ペンギンの行進2007-01-08

ペンギンの行進

今年は亥年でしたね。 横丁の靴やは年男ではないのですが、少し突っ走る傾向が強いようです。それと、頑固なところも。 私が日頃お世話になり尊敬している整形外科のDr.から、昨年 戒めというか標語のようなものをいただきました。 このごろ、時に考え込み読み直していることがあります。 そんな文章、私だけでなく参考になる方もいればと思い、載せてみます。 ————

詳しく見る

おおっ、混雑。2007-01-02

福袋

今年は、遠くへ出かけないでいる。 家に一人受験生がいるから。。 子供をほっぽといて、旅行もまずい・・・ というわけで、自宅とカミさんの在所を往復するくらいなのだが、それだけではつまらない。   昨日は、地元の氏神さまへのお参りと、その後隣町の巨大ショッピングモールへ。     こんなことを言ってはいけないが、この氏神さま、由緒ある神社なのだが、通常はそんなに混まない。

詳しく見る

お伝えするって・・・2006-12-01

カメラの話です。 一昨日、京都へ紅葉を見に行ったとき、非常に多くの観光客がいました。 そのほとんどの方が、カメラを持っていました。日本ほどカメラ好きな国民はいないといわれていますが、それを立証したような光景でした。 多くはコンパクトタイプのカメラが多かったのですが、かなりの数の方がデジタル一眼をお持ちでした。 その内訳は、横丁の靴やがざっと見たところ、Canon と Nikon が双璧のようでした

詳しく見る

ご縁2006-10-25

毎月、第4の火・水曜日は、おさだウイズ店の連休日です。 結構、定休日に展示会やら勉強会やらのスケジュールを入れていて、休みではない日が多いのです。以前は、あまり気にならなかったのですが、年齢と共にしんどくなってきて、月に一回の連休をいただいています。   その、月に一回の連休日である24・25日を利用して、東へ北へと高速道路を走りました。 以前より大変気にかかっていたお店へ、見学遠征をさ

詳しく見る

効果あるかな?2006-10-24

ミッキー2

世の中、おもしろいものがあります。   一昨日届いたもの。 ミッキーのぬいぐるみに見えますが、ナントなんとぐずっている赤ちゃんの気分を変えてしまうものなんですって。 玩具メーカーのタカラトミーさんの出している「赤ちゃんけろっとスイッチ」。 まんまの名前ですが、おもしろそう・・ということで取り寄せてみました。 心臓部は、写真の青い装置。     なんでも、音の分析などで

詳しく見る

自分では気づかない2006-10-23

PC関連の話ですみません。ちょっと分かりにくいかも知れませんがお付き合い下さい。 日本語を変換するものに、ジャストシステムのATOK(エイトック)というものがあります。横丁の靴やは、Windows備え付け?のMSIMEではなく、このATOKをずーっと愛用しています。   話は変わりますが、横丁の靴やはものをあまり知らないので、机の脇には辞書が置いてあります。英和辞典に国語辞典。特に使うの

詳しく見る

伝統にプラスするもの2006-10-18

今日は秋晴れに誘われて、伊賀焼の窯元を訪ねてみた。 湾岸道から東名阪を走って、一路三重県は伊賀の里へ。 訪れたのは、伊賀市丸柱の長谷園(長谷製陶)さん。 現在は7代目の当主で、天保3年の創業だそうだ。   ここで、「伊賀焼 かまどさん」という炊飯鍋?なるものがあるのを、ウチのカミさんが見つけてどんなものか見てみたいということで、出かけたのだ。 家の炊飯ジャーがちょっと古くなっていて、今流

詳しく見る

61 / 62« 先頭...102030...6162