間違いやすい靴選び。幅広の靴くださいは間違いです。|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

間違いやすい靴選び。幅広の靴くださいは間違いです。2009-01-10

幅の広い靴が快適!ではないのです。   こんなお電話がよくあります。 お客様:「お宅の店、3Eとか4Eの靴、置いてる?」 わたし:「えっ、どんな靴をお探しなんですか?」 お客様:「実はね、ある靴屋さんで薦められて2Eの靴を買ったの。 そしたら、最初は良いんだけど、少し履いているとすぐにつま先が痛くなるのよ。 それでね、違うお店で今度は3Eの靴を勧められて購入したの。 とってもラクなんだけ

詳しく見る

伝えることって大事ですね2007-06-02

お伝えすることってとても大切なんですが、慣れてしまうと伝えていないことが増えてきます。 シューフィッターのこともそんなことの一つでした。 当店には、全国で15人だけのマスターシューフィッターと250名くらいしかいない上級シューフィッター(二人)が常駐しています。   でも、日々の商売の中でお客さまと接していると、そのことをお伝えしていないことに気づかされました。 当店サイトのトップページ

詳しく見る

靴と枕は一緒のようなところがある2007-02-15

先日、ある専門店で枕を買い求めました。 これまでも、「快眠のための道具」として、枕や寝具には割とこだわってきました。 枕も形状や中の詰め物など、いろいろと試してきていました。 どのタイプの枕もそれなりに良かったと思うのですが、 「う~ん、これはイイ!」というものにはなかなか巡り会えませんでした。 今回購入したのは、デンマーク製(発売はスウェーデン)の商品です。   説明して下さった方によ

詳しく見る

加水分解2006-12-02

今日は、靴のお手入れに関する話です。 この頃、PU(ポリウレタン)ソールの靴の不具合が持ち込まれることがあります。 底がひび割れたり場合によっては縫い目からパックリ裂けたりします。また、スニーカータイプのものですと、ぼろぼろと剥がれ落ちたりすることもあります。 これは「加水分解(かすいぶんかい)」といいまして、ポリウレタンが水分と結びついて分解してしまう現象です。現在の技術では、どうにも防ぎようが

詳しく見る

この頃、多いもの・・・踵骨棘2006-09-15

踵骨棘対応

この頃、「踵骨棘(しょうこつきょく)」という症状でご来店される方が多くなっています。 この踵骨棘は、足底腱膜炎などから引き続いて起こることが多いようです。 加齢や無理な歩行・運動などをしたために、筋膜などの結合組織が過剰に引っ張られ、かかとの骨(踵骨)先端部に棘(とげ)のような骨の出っ張りが出来るものです。 ※詳しいことは、メルクマニュアルなどでお調べください。 これは、半年から3年ほどで自然に治

詳しく見る

足と靴の話 その22006-08-26

当 おさだウイズ店 の店頭でよくある会話です。   お客様: 私、よく2E(甲周り寸法の表示:注参照)の靴を買って履いているの。 最初はよいのだけれど、少し履いているとつま先が痛くなるのよね。 それで、3Eの靴を勧められて買ってみたの。 とっても楽なんだけれどすぐに脱げてしまい、それでいて、つま先は以前と同じように痛くなるのねえ。   私: ちらっと見ただけですが、お客様には2

詳しく見る

足と靴の話 その1-42006-08-15

フットプリント

またまた足と靴の話、その1-3の続きです。 ご質問をいただきました。 ——————————————- 私は扁平足なんです。 少しはアーチがあるのですが・ ・ ・ 長時間の歩行・立位はつらいものがあります。 何か良い解決策はないでしょ

詳しく見る

足と靴の話 その1-32006-08-13

足の図

足と靴の話その1-2の続きです。 ご質問をいただきました。 どうもその内容からすると、「開張足」のご様子。 丁度アーチが落ちて骨頭が触るあたりが固くなったり胼胝(べんち:たこや魚の目)が出来、外科的加療をなされた経緯があるそうです。 これは、原因となるアーチの落ち込みを防いであげないと何度でもなります。 対策としては、落ち込みを防ぐ「メタターザルパッド」を靴の中敷きなどに取り付けることが有効です。

詳しく見る

足と靴の話 その1-22006-08-12

足の説明3

昨日に続いて、足と靴の話その2を書こうと思っていましたが、その前に。 昨日の話に、「てっちゃん!」さんからご質問をいただきました。 ——————————————————- 質問です!

詳しく見る

4 / 4« 先頭...34