無事之名馬|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

無事之名馬2013-06-08

これからも!

「無事之名馬(ぶじこれめいば)」って言葉がありますよね。 競走馬を指して、「能力が多少劣っていても、怪我なく無事に走り続ける馬は名馬である」とする考え方を表した格言とされています。 横丁の靴やは競走馬ではありませんが、大事なお客さま方の「足下からの健康」増進という目標を掲げて、日々お仕事に励んでいます。   自身の体調がよくなければ、お客さまの「足」と「お気持ち」に沿った、これぞという一

詳しく見る

アベノミクス2013-06-06

アンコールワットの夕陽

今日の新聞に、アベノミクス三本目の矢として、「国民総所得拡大路線」の話が載っていましたね。 所得が増えるのは悪いことではないのですが、どうもちょっと方向がずれているような気もするのです。 いち靴やの云うことではありませんが、そのような拡大路線が本当に続いていくのでしょうか?   アンコールワットに夕日が落ちるのを待っている二人、幸せそう(*^_^*)   もっと「貿易立国」神話

詳しく見る

ただいま~(*^_^*)2013-05-14

バベーネ工場

帰ってきました(*^_^*) 8日昼から出かけて、今日14日昼前に帰国。 「弾丸ツアー」でのポルトガル行きでしたが、やはり出かけて良かった!です。 よく、「百聞は一見にしかず」と云いますが、実際ひとつの体験は百見をも超えますね。   当店でお客さま方にとてもご好評の「Vabeene」。 洗練されたデザインに斬新な色使い、そして、それでいて、どなたもが納得される「履き心地」。  

詳しく見る

お客さまに感謝です2013-03-14

何度もこのブログで書かせて頂いていますが、当店の大黒柱である”やまだ”が手首を骨折して、療養中です。 そのため「ほぼひとり営業」が続いています。 それに加え、臨時休業がつづき、お客さまには大変なご迷惑をおかけしています。 先週も土・日しか営業できなかったのですが、お客さまには大勢お越しいただきました。   当然のことながら、ひとりで対応(青木が強力な助っ人をしてくれますが)していると、ど

詳しく見る

2013-02-13

この頃、特に感じることがあります。 先に書いた「自分の中での名曲」での 美空ひばりさんの「川の流れのように」 ちあきなみさんの「喝采」 森山良子さん&森山直太朗さんの「さくら」 拓郎さんの「イメージの唄」や「落陽」 中島みゆきさんの「永遠の嘘をついてくれ」 などなど、数え上げればきりがありませんが、こうした名曲って、どうして人の(少なくとも私の)心を打つのだろう???   詩がいいのか曲

詳しく見る

私たちのお仕事2013-01-27

コンフォートシューズ

昨日のことです。 シエスタ(昼食休憩)を終えて、営業再開して最初のお客さま。 当店では、入ってこられても、最初に「こんにちは(*^_^*)」ってお声がけはしますが、お側には行きません。 自分たちの仕事をしながら、ご様子は窺っています。 そのお客さまは、はじめは普通の靴屋さん??でされるように、靴をひっくり返して「サイズ」を見たりされています。 でも、うちのお店って、すべての商品が並べてあるわけでは

詳しく見る

ソックス、すんなり履けますか?2013-01-11

寒い日が続いています。 こんな時は、身体も硬くなってきます。 横丁の靴や、朝ソックス(五本趾ソックス)を履くとき、日によっては、ちょっとしんどく感じることがあります。昔は、そんなことまったく考えたこともなかったのに。。 これって、老化なんでしょうかね (^_^;)   以前、シューフィッターの勉強の中で、欧州の現場で、患者さま(顧客さま)の足の爪を切る、そんな職業というか資格があるような

詳しく見る

ホッとしています (^^)/2013-01-05

初売りの風景

昨日、2013年の初売りをスタートさせていただきました。 どなたでもそうでしょうが、商人にとって「初商い」の日は、やはり緊張するものです。 はたして、年の初めからお客さまにお越しいただけるだろうか、 そして、春夏物の新入荷前で定番的な商品主体の現在、しっかりご満足いただけるだろうか、、 などなど、開店前は、なにか畏れと云うか気持ちの高ぶりを感じます。   でも、うれしいことに、オープンす

詳しく見る

新しい「お仕事」の始まりの朝に2013-01-04

いよいよ、私たちのお仕事2013年が始まります。 「時間」は連続に続いているわけですが、やはり新しい年の最初の日は特別な思いがあります。 お越しになるお客さまにどれだけのことが出来るだろうか? お求めいただいたモノ、当店で云えば主に「靴」ですが、気持ちよく履くことが出来て、それを履いていてなんの違和感もなく、素敵な一日を過ごしていただくことが出来るだろうか。 お仕事に際しては足下に気を配ることなく

詳しく見る

Kindleがやってきた2012-12-21

Kindle

ことしもあとわずかで暮れようとしています。 自分で言うのもおこがましいですが、今年一年よく頑張ったと思います。 そんな自分へのご褒美として、アマゾンの「Kindle」を購入しました。     iPadも持っているので、「どうよ?」とも思っていたのですが、”本を読む”という機能に限っては、やはりKindleの方が一枚も二枚も上のようです。 最初は来年初頭に届く予定だったのですが、

詳しく見る

10 / 14« 先頭...1011...最後 »