錦秋の古都にて、こころ躍る体験を満喫|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

錦秋の古都にて、こころ躍る体験を満喫2016-11-24

昨日は、親しくさせていただいている岐阜県の山本呉服店さまと初めての試みで、「ワクワク京都旅」に出かけました。

 

山本呉服店女将の山本由紀子さんは、商いや人生の勉強会である「ワクワク系マーケティング実践会」を通じて、いろいろな気付きや学びをいただいている素晴らしいお友達です。

 

由紀子さん

100数十年続く、老舗呉服店女将の山本由紀子さん

 

そんな彼女と話していて「ひょうたんから駒」のように、このコラボレーションが決まりました。

靴屋さんと呉服店さんとの、初めての共同開催の日帰りツアー。

 

とても素晴らく愉しい催しになり、お客さま方にも大変よろこんでいただけました。

コースのほとんどは、京都と強いつながりをお持ちの山本さんのセッティングに負うところ大で、手前どもはそれに乗っからせていただくような形でしたが、それでも”やってみる”ことの大切さを学んだ時間でもありました。

 

ピークシーズンの京都に出かけるとあって、我々もご参加のお客さま方も朝早く起きての出立でした。

JR刈谷駅に6時半頃からご参加のお客さまがお越しになり、早朝出のため温かいおにぎりやお茶お菓子をお配りするところからスタートです。

 

お出迎えの準備です

JR刈谷駅コンコースにて準備中のやまだと青木

 

やまだと青木が大活躍してくれました。

朝7時の特別快速にて、岐阜県の垂井駅まで行き、そこで山本呉服店のご一同様の乗られたバスに合流です。

そこから最初の目的地、大徳寺までの車中、ご参加の方々の自己紹介ですてきな時間を共にできました。

普段では見られないような素敵なお着物のご婦人方が、山本呉服店さんとのなれそめやその日着てこられたお召し物のチョイスの理由などを語っていただき、また逆に当おさだウイズ店のお客さまからも当店との出愛やその日履いてこられた愛用の靴についてのご自慢をしていただきました。

 

バスの車内にて

バス車内では、お互いにお召し物・履物のご自慢サミットになりました

 

これは、由紀子さんの演出なのですが、いやぁよかったですね(*^_^*)

これで、皆さまがチームのように打ち解けて、素敵な雰囲気になりました。

初めての共同ツアーの硬さもみじんもなくなり、京都までの車中愉しい時間となりました。

 

お客さま同士が当店のお客さまはお着物の良さに触れることができ、また、山本呉服店さんのお客さま方には「靴の大事さ」を認識していただける時間になりました。

横丁の靴やは、お客さまの口から語られる「ご縁」にとても熱い感謝の気持ちをいだきました。

 

長くなりますので、本編の京都での体験は次回にしますね。

それにしても、先ずはやってみるってことの大切さと、お客さまからのお声に接することができ、とても貴重な時間でした。

 

コメントを残す