伝えることって大事ですね|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

伝えることって大事ですね2007-06-02

お伝えすることってとても大切なんですが、慣れてしまうと伝えていないことが増えてきます。

シューフィッターのこともそんなことの一つでした。

当店には、全国で15人だけのマスターシューフィッターと250名くらいしかいない上級シューフィッター(二人)が常駐しています。

 

でも、日々の商売の中でお客さまと接していると、そのことをお伝えしていないことに気づかされました。

当店サイト
のトップページには、「マスターシューフィッターと上級シューフィッターが靴選びのお手伝いをさせていただきます」と書いてあるのですが、他にはあまりその記述もありませんでした。

 

先日、ある会合で参加された方々と名刺交換したときに、「マスターシューフィッター」って何なの?みたいなお声をたくさんいただきました。

詳しくご説明すると一様に驚かれ、そんな人に靴選びをお願いしたいなどと言われました。

結構「シューフィッター」って認知度高くなってきていると錯覚していた横丁の靴やには、ちょっとしたカルチャーショックでした。

ちなみに、シューフィッターについては ココ をご覧下さい。

 

やはり、きちんとお伝えする。何度もお伝えする。

こんな当たり前のことが大事なのですね。

 

当店ですでにその「履き心地」を感じていただいているお客様方には不要かも知れませんが、外に向かってはちょっと恥ずかしいようですが、常にお知らせしていくことが大事と感じた次第です。

そして、そのようにお伝えするためには、当たり前ですが、その技術が伴ってなければいけません。

アナウンスすることにより、より一層勉強に励むことになるのですね。

人間一生気付きと勉強ですね。

この頃、いろいろな場面で多くの気付きをいただくようになり、うれしいことの多い横丁の靴やです。

まわりの皆さま、これから出会う皆さま、本当にありがとうございます。

 

コメントを残す