オーダー靴??|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

オーダー靴??2010-04-21

皆さまご存じないようですが、オーダー靴ってメッチャ高いものなのですよ

 

この頃、ご来店のお客様やお電話でのお問い合わせなどで、「私に会う靴を作って下さい」「オーダーで靴を作りたいのですが・ ・ ・」というご要望が多くなっています。

当店でお買い求めいただいたお客様からのご紹介の方でも、「〇〇さんのように、靴を作って欲しいのです」などと言われます。

「えっ!〇〇さんって、オーダーだっけ?」とお聞きしてみると、そのお知り合いの方が、足にぴったりなので 「私に合う靴を作ってもらったのよ」 と、言われたことが判ります。

 

当店にとっては大変ありがたいことなのですが、どうも多くの方が誤解されているようなので、オーダー靴について書いてみたいと思います。

 

本当のオーダー靴。

お一人の お客様のためだけの一足を作るフルオーダー靴は、まず最初に申し上げますと、とんでも無く高いものになります。

 

お客様の足を正確に何カ所も特殊な器具などを用いて採寸し、そこから木型を削り出します。

そして、お客様とご相談の上でどんなデザインにするかを決め、そのためのパターン(紙型)を作成します。

これだけでも熟練したプロの手とかなりの時間と金額を要します。

そもそもそれだけのことが出来る方は、今の日本に何人位おみえになるのか??

 

そして、木型とパターンが決まったら仮縫い靴を作ります。

その靴を履いてみて、問題のある部分やお客様がこうして欲しいなどという点を、フィードバックして最終的な靴を作り上げます (すごくアバウトな書き方ですが・ ・ )。

非常に手間と時間と熟練のワザが要求される仕事なのです。

私の知っているところでお聞きしても、フルオーダーですと約30~50万円位かかるようです。

 

お一人だけの要求にお応えするということは、非常に高価なものになるのですね。

その様にして出来た木型やいろいろな分析などをしてこれぞ!と考え抜いて、何度も修正を加えて作られた木型を基に(良心的な)量産用の靴型 が出来るわけです。

量産用の靴型を使うから、フルオーダーとは全く違うリーズナブルなお値段で、市販の靴を作ることが出来るのです。

 

当店で行っていることは、いろいろな足に合いそうな木型(靴型)の靴を探す。

またどうしてもない時は開発などをして頂けるようにメーカーさんなどに働きかける。

それが一番目の仕事です。

 

ご来店されたお客様の千差万別の足に、一番近い靴型で、しかもお客様のご要望に近いタイプの靴を見つけ出して目の前にお持ちするのが二番目の仕事です。

 

その靴を履いて頂き、お気にいって頂いたら、お客様の足の状態や歩行に合わせて微調整をする

それが三つ目の仕事となります。

 

そのようなことを、我々シューフィッターはしているのです。

フルオーダーの靴まではいきませんが、なるべくお客様の足にフィットしお気にいって頂ける靴を探すべく頑張っています。

ご来店頂きましたら、普段お困りのこととか、いろいろお話下さい。

その会話を基にお客様のご要望に近い快適な靴を選ぶお手伝いをさせて頂きます。

よろしくお願いします。

 

コメントを残す