足と靴の話 その1-2|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

足と靴の話 その1-22006-08-12

昨日に続いて、足と靴の話その2を書こうと思っていましたが、その前に。

昨日の話に、「てっちゃん!」さんからご質問をいただきました。
——————————————————-
質問です!
開張足ってどんな足ですか?中足骨、骨頭ってどこの骨ですか?
——————————————————-

てっちゃん!さん、鋭い質問をどうもありがとう m(_ _)m

普段無意識に使っている言葉って、使い慣れている人間の間ではわかっても、その他の人達には通じない場合がありますよね。

「さんま」の話と一緒だ!(う~ん?何の話だ ^^; )

普通には、あまり骨とか「開張足(かいちょうそく)」について話はしませんよね。

簡単にご説明します。

 

足の説明1

上の写真をご覧ください。

1.右下の長細い骨が「中足骨」、5本あります。

2.上の骨の先端、ちょっと太くなった部分が「骨頭」

3.左の細かい骨郡が「趾(節)骨」

片足で、26個±αの骨があります。

 

下の図を見ていただくと、もっと分かり易いかな。。

 

足の説明2

 

全身で、約200ちょっとの骨があると云われている。その内、両足で約52個の骨がある わけです。

造物主(神様)がいかに、「人のあし」というものを大事に作られたか、芸術的でさえある。これを見ると、皆さまもご自分の足が愛おしくなってきたでしょ。

 

 

足の説明3

 

上の写真を見て下さい。

赤い線は各中足骨の骨頭を結んだもので、「横アーチ」と言われています。

よく見ていただくと判りますが、第2・3の中足骨の骨頭のあたりはかすかに浮いているような状態でしょう。

この横アーチが重心がかかったときなどに「バネ」のような役割を果たしているわけです。このアーチが落っこちてしまった状態が「開張足」。

こうなると、あまり重量がかからないはずの2・3の骨頭が落ちてしまい、靴底などでこすれるようになるとそこにたこなどができるのです。

 

以上、簡単に足の構造の話をしましたが、分かりやすくするためにかなり端折ってます。

(解剖学がご専門の方々、あまり突っ込まれないようお願いしますね)