魔法の靴はありませんが、逸品があります。|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

魔法の靴はありませんが、逸品があります。2013-10-13

おさだウイズ店には、あまり他店様にはない商品がいくつもあります。

 

あまりこれ見よがしに載せるのも嫌らしいなぁって思って、出してはいませんでした。

でも、購入されたお客さまから、「こんなすてきな商品、私だけでなく欲しい方たくさんいると思いますよ。ぜひ、知らせてあげてくださいね」と言われていました。

そこで、今日はそんな隠れた??人気商品の一つをご紹介したいと思います。

 

Vabeene_K941

 

ご覧の通り、何の変哲もない「パンプス」」です。

ですが、この 「何の変哲もない」というところがミソなんですよ(^^)/

基本的にパンプスって、あまり履き心地のよいものではありません。

よい「」って、かかとから甲回りをしっくりピッタリ覆うことによって生まれると思っています。

ですから、履き口の浅い(甲の露出度が多い)パンプスって、そういう意味では基本的に不利なんですね。

でも、このパンプスを履かれたお客さま方が口々に言われる「えっ、履いてないみたい!」とか「この靴なら何時間歩いても大丈夫」などの言葉がどこから出てくるのでしょうか。。

 

それには、三つほどポイントがあると思います。

まず一つは、優れた木型(靴型)とデザインも含め、あらゆる角度から計算され編み出されたパターンと作りのよさ。

見えないところにこそ素晴らしい技術が隠されています。

そして、次には

 

K-941

 

見えますでしょうか?

インソール(フットベッド)です。一足一足に対して作られた、手作りのアインラーゲン。

表面は上質の革素材が使われていてとても気持ちよく、そして構造的には履かれた方の体重を理想的に受けて分散させる匠の手業が生きています。

ですから、「まるで履いてないみたい」とか「吸い付いてくるみたい」などと形容される履き心地が実現できているのですね。

そして、最後に

 

K-941

 

わかりますか???

ヒールの形状と、リフト(化粧仕上げ)とヒール本体の間にある「衝撃吸収装置」。

小さなものですが、これらのものが複雑に絡み合って、たぐいまれな「履き心地」を生み出しています。

 

でも、こちらで何度も書いていますように、「魔法の靴」ではありません。

これを履かれたら幸せになれる(ぴったり合って気持ちよく履いて日々の時間を過ごせる)適合性の高いおみ足の方にしかお持ちしないのです。

どの方でもお履きいただける、と云う靴はありません。

そのため、極力商品を店内に置かず、おみ足を計測してからしか商品をお持ちしない理由がそこにあります。

お気になられた方、よろしければご相談くださいね。

 

コメントを残す