お子さまがよろこぶ新しい靴が入っています|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

お子さまがよろこぶ新しい靴が入っています2016-08-16

こんにちは。おさだウイズ店、横丁の靴や おさぴーです。

快足楽歩カンパニーおさだウイズ店は、本日16日から20日の土曜日まで、5日間夏期休暇をいただきます。

 

そして、休み明けからは秋冬の可愛い娘(商品たち)の入荷が始まります。

今年は、Vabeene(バ・ベーネ)やシュナイダーともまた違う、ロマンあふれる靴たちも新登場です。ご期待くださいね。

 

そんななかで、新しい機軸の子供靴が入ってきているので、今日はそれをご紹介しますね。

ドイツ・リコスタ社の新製品なんですが、脱ぎ履きするときの「システム」が画期的なものです。

 

ricostachild01

もうすでに入荷していて、お子さまからもご好評のリコスタの子供靴

 

通常、足を入れて固定するための「装置(硬い言葉でごめんなさい)」としては、ひもやベルクロが一般的なのですが、この子供靴にはスキーブーツなどに導入されているユニークなものを採用しているのです。

 

ricostachild02

この円形のダイアルとつながっているワイヤーが優れものです

 

見えますでしょうか?

かかと部分の横に付いているダイアルのようなもの。

これを押して回すだけで、連動しているワイヤーが甲を閉めていってくれます。

 

ricostachild03

ワンプッシュでフルオープンできます

 

そして、そのダイアルを上に引っ張るだけで、ロックが解除されオープンにになり、すっと靴が脱げます。

ここまでの「装置」が必要かどうかは判断の迷うところでもありますが、無理に靴を履いたり、その逆にダバダバのユルユルって状態にはなりません。

しっかり足に沿っている(ホールドされている)ことが履き心地のよい条件であることと、動きの活発なお子さまのためには、よく考えられたものだと思います。

 

わんぱく盛りのお子さまに見せたら、「おじちゃん、これいい!ママ欲しいよ」ってことになっています。

新しい留め具のために結構お値段が張ったのですが、お取引先さまとご相談の上数をまとめることによってリーズナブルな価格に出来ました。

ぜひ、この秋からのお子さま用靴の第一候補に加えてください。

お子さまもよろこばれますよ(*^_^*)

今日はちょっと変わった新商品のご紹介でした。